家具寝具
お役立ちコラム
家具寝具

ベッドを今すぐ処分したい!簡単にできる方法6選|費用やメリット・デメリットも解説

ベッドを今すぐ処分したい!簡単にできる方法6選|費用やメリット・デメリットも解説

「ベッドを処分したい」と思っても大きくて移動も大変です。また処分方法によっては費用もかかります。ここではベッドを簡単に処分できる方法を、有料・無料に分けて徹底解説。読み終わるころには、自分にぴったりの処分方法が見つかりますよ。

この記事の目次

不要になったベッドの処分方法・6つ

不要になったベッドの処分方法・6つ

ベッドのような大きな家具は、捨てる時や引越しの際、思わぬ荷物になる可能性があります。簡単かつスムーズに処分する方法はないのでしょうか?ここでは不要になったベッドを処分する方法を6つ紹介します。

ベッドの処分方法①|粗大ごみとして自治体に依頼する

粗大ごみとして自治体に依頼する

不要なベッドをお住まいの自治体に粗大ごみとして回収・処分してもらう方法です。市が処分するため確実で、ルールさえ守れば誰でも利用できます。

~依頼の流れ~

ここでは、粗大ごみとして自治体に依頼する流れをご紹介します。

~回収に来てもらう方法~

市区町村に申し込みを行い、回収に来てもらう方法です。

手順①|予約をする

自治体が設置している専用の窓口に、電話やメールで予約をします。ほとんどの場合、こちらから日時の指定はできず、自治体が回収日を決めます。

回収日と回収費用・整理番号・回収場所の連絡があるので、覚えておきましょう。

手順②|粗大ごみ等処理手数料納付券(粗大ゴミシール)を購入する

自治体で定められた金額の「粗大ごみ等処理手数料納付券(粗大ゴミシール)」を用意します。粗大ゴミシールはコンビニやスーパーなどで購入可能です。

粗大ゴミシールに整理番号を記入し、ベッドに貼りつけます。整理番号は消えてしまわないよう、上から透明テープなどを貼っておくと安心です。

手順③|指定場所に置く

ベッドを決められた回収場所へ置きます。多くの自治体では午前中に回収されていることが多いので、時間に遅れないようにしましょう。ベッドが無事回収されれば、処分は完了です。

~自分で持ち込む方法~

回収に来てもらう以外に、自分で市区町村が管理する処分場まで持ち込む方法があります。

手順①|申し込みを行う

市区町村のクリーンセンターなどに回収の予約を行います。持ち込み日・時間などの指定があるため、覚えておきましょう。身分証の提示が必要なこともあります。また持ち込みできないものもあるため、あらかじめ確認しましょう。

手順②|持ち込みを行う

指定日にクリーンセンターに持ち込みます。持ち込みのため、あらかじめ自家用車やトラックの手配をしておくとスムーズです。当日は時間に遅れないように注意しましょう。

手順③|料金を支払う

その場で処分費用を支払い、引き渡して終了です。

~ベッドの処分費用~

ベッドの処分費用

回収費用は自治体によって異なり、ベッドの大きさや重さによって異なります。例えば東京都江戸川区の場合、同じベッドでもシングルベッドで1200円~、ダブルベッドやソファベッドだと2,000円~とかなり幅があるため注意しましょう。自分で判断がつかない場合は、市区町村に確認すると確実です。

この処分方法で行うメリット・デメリット

自治体に依頼するメリットやデメリットは以下の通りです。

メリット①|確実に処分できる

自治体が回収・処分を行うため、確実に処分できます。悪徳業者に依頼した時のような、不法投棄の心配はありません。間違いなく処分したい人におすすめの方法です。

メリット②|値段が前もって分かる

市区町村に依頼する場合、処分費用はあらかじめ電話やホームページで確認できます。また前もって処分シールを貼るため、実質前払いのような状態です。そのため後になって予想外の高額請求を受ける可能性はありません。

デメリット①|回収日が指定できない

ほとんどの場合、自治体が回収日を指定します。そのため都合を合わせなければなりません。

デメリット②|自分でベッドを回収場所に運ぶ必要がある

自治体はあくまで回収場所に来るのみです。そのためベッドは自分で部屋から運び出す必要があります。また解体が必要な場合も、自身で行わなければなりません。

ベッドの処分方法②|引っ越し業者に処分を依頼する

引っ越し業者に処分を依頼する

引っ越しのタイミングでベッドを捨てる場合、引っ越し業者に依頼する方法もあります。業者によって対応できる範囲や費用が異なるため、前もって見積もりをとっておくと安心です。

~依頼の流れ~

ここでは、引っ越し業者に処分を依頼する流れをご紹介します。

手順①|事前に予約する

前もってベッドを処分したい旨を引っ越し業者に伝えましょう。引っ越し当日にいきなり申し出ても、対応できない可能性があります。

手順②|見積もりを取る

トラブルを避けるため、費用については必ず見積もりを取りましょう。

手順③|業者にベッドを引き渡す

当日業者にベッドを引き渡し、処分費用を支払えば完了です。

~ベッドの処分費用~

回収費用は業者によって異なりますが、おおよそ5,000円~10,000円が相場です。大手引っ越し業者の場合、ホームページに記載されている場合もあるため、参考にするとよいでしょう。

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

引っ越し業者にベッドの処分を依頼する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット①|引っ越しと同時に処分できるため手間がかからない

ただでさえ忙しい引っ越し。荷物の梱包や各種手続きに加え、不用品回収業者まで探すのは大変です。引っ越し業者に処分を依頼すれば、手間もかかりません。

メリット②|その他の不用品も一緒に処分できる

ベッド以外に不要な家具・家電があれば一緒に処分してくれます。ただしアイテムごとに費用がかかるため、あらかじめ確認しておきましょう。また品物によっては買取サービスを行っている業者もあります。

デメリット①|回収できないものもある

引っ越し業者は不用品を全て回収できるわけではありません。回収可能なものに、リサイクル家電や家具・衣類・書籍などがあります。

バイクやタイヤ・バッテリーなど特殊なものは回収できないことも。引っ越し業者によって大きく異なるため注意が必要です。

デメリット②|引っ越しと同時でないと依頼できない

引っ越し業者に回収を依頼できるのは、原則として引っ越しを依頼したお客さんだけです。そのため「引っ越しはしないけど、不用品処分をしたい」といった場合は、対応できないことも。その場合は、市区町村に依頼するか、別の方法を検討しましょう。

ベッドの処分方法③|ホームセンターや家具店に依頼する

ホームセンターや家具店に依頼する

ベッドを購入したホームセンターや家具店が処分・回収を行っている場合があります。新しいベッドを購入するついでに相談してみるとよいでしょう。

~依頼の流れ~

ここでは、ホームセンターや家具店に下取りや処分を依頼する流れをご紹介します。

手順①|古いベッドの下取り・処分を検討する

ベッドを購入する際に、古いベッドの下取りや処分をしてもらえないか相談します。

手順②|ベッドの下取り・処分を店舗に依頼する

下取りや処分が可能な場合、料金や条件について確認を行います。

手順③|ベッドの回収・引き取りが完了

引き渡し日時を決定し、回収にきてもらいます。もしくは持ち込みして完了です。

~ベッドの処分費用~

ホームセンターや家具店によって異なります。下取りの場合は無料となることも。条件を確認の上、依頼しましょう。以下は大手ホームセンターや家具店の回収費用の一覧です。参考にしてください。

  1. ニトリ…4,400円(一回につき)/購入した商品と同数量もしくは同容量までの物に限る。
    引用先:ニトリのお客様サポート・よくあるご質問
  2. IKEA…購入金額の最大50%/(IKEAで購入した商品に限る)
    引用先:イケアの家具下取り・還元サービスを拡充
  3. 大塚家具…2,200円(送料別)~/購入した商品と同数量もしくは同容量までの物に限る。
    引用先:お引取りサービス | 大塚家具 ONLINE SHOP

この処分方法で行うメリット・デメリット

ホームセンターや家具店に回収や下取りを依頼する場合の、メリットやデメリットは以下の通りです。

メリット①|購入と同時に処分ができる

ホームセンターや家具店に回収や下取りを依頼する場合、新しいベッドを購入したタイミングで処分が可能です。

多くの場合、ベッドの配送時に古いベッドの回収が行われるため、ひとつの部屋にベッドが二つ…といったバッティングは起こりません。

メリット②|下取りで新しいベッドが安くなることも

下取りをすると、新しいベッドの購入代金が割引になることがあります。そのため実質無料で処分やリサイクルも可能です。

デメリット①|購入者のみが対象となっている

購入店での下取りや回収・処分は購入者のみが対象となっていることが多いです。そのため回収や処分のみの依頼はできないことも。

デメリット②|対応できないホームセンターや家具店もある

全てのホームセンターや家具店が、下取りや処分に対応しているわけではありません。難しい場合は、自身で業者を探す必要があります。

ベッドの処分方法④|リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに持ち込み、ベッドを買い取ってもらう方法です。店舗によって買取価格に大きな差が出るため、売却先はよく吟味しましょう。

~依頼の流れ~

ここでは、リサイクルショップに買取依頼する流れをご紹介します。

手順①|リサイクルショップを探す

家具や家電の買取を行っているリサイクルショップを探します。高く買い取ってもらいたい場合は、いくつかピックアップしておくとよいでしょう。

手順②|査定してもらう

ベッドを査定してもらいます。状態によって買取金額が大きく異なるため、可能な限り綺麗な状態にしておくのがおすすめ。また大きなベッドの場合、訪問見積もりに対応しているリサイクルショップを選びましょう。

手順③|売却

査定額に納得したら、売却代金を受け取って完了です。

~ベッドの処分費用~

リサイクルショップに依頼する場合、基本的に処分費用はかかりません。ただし宅配買取を利用した場合、送料が自己負担になる可能性があるため注意しましょう。

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

リサイクルショップの場合、上手く売れればお金になります。ただし以下のようなメリット・デメリットがあるため注意しましょう。

メリット①|お金になる

売却代金が入ってくるので、新しいベッドの購入費用に充てられます。またベッドのブランドや状態によっては思わぬ臨時収入も期待できるでしょう。

メリット②|費用がかからず、すぐに処分できる

自治体にベッドの処分を依頼する場合、申し込みや搬出をする必要があります。また粗大ごみシールの購入などでお金や手間もかかりますよね。リサイクルショップに売れば手間と時間を節約し、手っ取り早く処分が可能です。

デメリット①|買取料金が安い場合がある

ベッドによっては高く売れない可能性があります。リサイクルショップに苦労して持ち込んでも、思ったような値段にならず、完全に無駄足となってしまう可能性も。特に状態の悪いものは査定額が下がってしまうため、処分も視野に入れるとよいでしょう。

デメリット②|自分で不用品を持ち込む必要がある

多くのリサイクルショップでは、自分で不用品を持ち込む必要があります。軽いものであればよいですが、ベッドなどの大きな家具は苦労するかもしれません。運搬が難しければ出張買取を行っているリサイクルショップを選びましょう。

ベッドの処分方法⑤|ネットオークションやフリマアプリで売る

ネットオークションやフリマアプリで売る

ネットオークションやフリマアプリで売却する方法です。自宅にいながらでき、誰でも簡単に売買できるのがメリットです。24時間いつでも都合のよい時に出品できる点も魅力です。

~依頼の流れ~

ここでは、ネットオークションやフリマアプリで売却する流れをご紹介します。

手順①|オークションやフリマアプリに登録する

多くのオークションやフリマアプリは無料で利用できます。複数のサイトへ同時に出品してみるのもおすすめです。

手順②|品物を出品する

ベッドをサイトに出品します。画像は様々な角度から撮影したものを、最低5枚以上は用意しましょう。汚れや傷などは隠さず、画像と商品説明文に記載します。

価格は他の出品物を確認し、おおよその相場を見たうえで決めるのがおすすめ。もちろん自分が売りたい金額で出品してもOKです。

手順③|購入されたら梱包して発送する

ベッドが売れたら、梱包し発送します。大型の家具の場合、宅配業者が梱包から発送まで行ってくれるサービスも。フリマサイトと提携している宅配業者を使えば、格安で送れる可能性もあります。

手順④|評価などを行って完了

ベッドが相手に届いたら、お互いに評価を行います。フリマアプリの場合、評価をしないと売上金が入らないことも。問題なければ取引は終了です。

~ベッドの処分費用~

出品自体は無料ですが、販売手数料として10%~20%ほどが販売代金から差し引かれます。また送料も出品者側の負担となる場合が多いです。

手数料を考慮しながら、販売代金を決めるとよいでしょう。もし「タダでもいいからもらってほしい」と思ったら、手数料+送料ギリギリで出品する方法もあります。

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

ネットオークションやフリマアプリなら24時間いつでも出品可能ですが、時にトラブルが発生することも。ここではメリットやデメリットについて知っておきましょう。

メリット①|時間と場所を問わず、いつでも販売できる

ネットオークションやフリマアプリなら、時間と場所を問わず、好きな時に出品可能です。忙しい人にはぴったりの方法ですね。

メリット②|思わぬ高値がつく可能性がある

ネットオークションの場合、欲しい人が予算に合わせた入札を行います。そのため思わぬ高値がつく可能性もゼロではありません。場合によっては、リサイクルショップよりも高い値がつくこともありますよ。

デメリット①|売れるかわからない

ネットオークションやフリマアプリに出品しても、必ず売れる保証はありません。そのため売れるまで家に置いておく必要があり、場所を取ってしまう可能性があります。すぐに処分したい人には不向きといえるでしょう。

デメリット②|時間と手間がかかり、トラブルに巻き込まれる可能性も

出品のための写真撮影や商品説明文の記載など、ネットオークションやフリマアプリでは様々な手間がかかります。

またユーザーからの質問や価格交渉などに対応する必要もあり、出品して終わりとはいきません。

さらに売却後、「傷や汚れがある」「思ったものと違う」など、思わぬトラブルに見舞われる可能性も…。もしトラブルなく処分したいのであれば、現物を確認できるリサイクルショップでの売却や、ホームセンターや家具店での下取りがおすすめです。

ベッドの処分方法⑥|不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用する

急いで処分したい場合は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。ベッドだけでなく、家の不用品を分別不要でまとめて処分できる点も魅力。また買取を行っている業者を選べばお金にもなります。

~依頼の流れ~

ここでは、不用品回収業者で処分する流れをご紹介します。

手順①|回収業者を探す

ネットや広告などで不用品回収業者を探しましょう。業者はネットの評判や口コミを参考にするとよいでしょう。

ただし中には悪徳な業者も紛れているため注意が必要です。特にトラックで巡回している業者は、無許可で営業をする悪徳業者である可能性があります。トラブルになる危険があるため、絶対に利用しないようにしましょう。

手順②|見積書を作ってもらう

気になる業者があれば、問い合わせを行い、見積書を作ってもらいましょう。優良な不用品回収業者であれば相談や見積もりは無料で行っています。できれば複数の業者に相談し、相見積もりを取るのがおすすめです。

手順③|契約

業者に正式に依頼を行い、回収日時について相談します。不安な点や疑問点などがあればここで解決しておきましょう。

業者によっては女性スタッフが対応していることもあります。一人暮らしの女性や、男性スタッフに不安を感じる人は相談してみるとよいでしょう。

手順④|回収・処分

指定日に業者に不用品を引き渡して完了です。

~ベッドの処分費用~

不用品業者の処分費用は、処分したい品物の量やトラックのサイズによって異なります。トラックに積み放題となるナクスルの「定額パック」なら、10,000円より可能です。
費用は内訳まで確認し、内容を明確にしたうえで依頼するとトラブルになりません。

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

不用品回収業者に依頼する際のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット①|自分の都合に合わせて依頼ができる

不用品回収業者なら、都合のよい時に来てもらえます。業者によっては早朝や夜間などの依頼もOK。また午後に引っ越しを控えている場合、午前中に来てもらうといった方法も可能です。柔軟に対応してもらえるため、忙しい人にぴったりです。

メリット①|家まで取りに来てくれる

市区町村に依頼した場合、不用品を回収所まで持っていく必要があります。大きなものや重いものの場合、かなり大変な作業ですよね。しかし不用品回収業者なら自宅まで引き取りに来てくれるため、手間がかかりません。

デメリット①|業者によって料金が違う

不用品回収業者によって金額に大きな差が出る可能性があります。そのため依頼前に必ず見積もりを取るようにしましょう。

デメリット②|立ち会いが必要なことも

不用品回収業者が自宅まで来るため、立ち合いが必要となる可能性があります。立ち合いが難しい場合は、前もって相談しておくと安心です。

不用品回収を依頼する際のポイント 3つ

不用品回収を依頼する際のポイント 3つ

不用品回収は専門業者に頼むと手間が省けて便利です。しかし「本当にお得なのか?」と疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。

ここでは不用品回収業者に依頼する際に注目したい点について解説します。ポイントを押さえれば、安全かつお得に不用品が処分できますよ。

不用品回収を依頼する際のポイント①|見積もりは必ず現地確認を行ってから

見積もりをする際、電話やメールで済ませず、現地に来てもらいましょう。そのほうが正確な見積もりができ、値引き交渉もしやすくなります。当日トラブルにならないためにも、現地見積もりは必ず行ってもらいましょう。

不用品回収を依頼する際のポイント②|複数の業者に見積もりを取る

不用品回収業者を利用する場合、できれば複数の業者に見積もりを取りましょう。可能であれば3社以上がおすすめです。

複数の業者に見積書を作ってもらうと、だいたいの相場が分かり、比較がしやすくなります。また見積書で不明な点は必ず確認しましょう。内訳についてごまかすような業者は、避けたほうが無難です。

不用品回収を依頼する際のポイント③|回収以外のサービスにも注目する

不用品回収業者を選ぶ際、回収以外のサービスにも注目してみましょう。例えば以下のようなサービスが行われています。

  1. 積み放題の「定額パック」
  2. 買取
  3. 遺品整理やゴミ屋敷の片付け、清掃

などです。「定額パック」とはトラックに積み込める量であれば、金額が一定となるサービスです。一点ずつ料金がかかる市区町村の粗大ごみ回収とは違い、一定量までは料金が同じであるためお得に利用できるでしょう。

また不用品を買い取ってくれる業者なら、売却代金を処分費に充て、費用を抑えるのも可能です。回収以外のサービスに注目すれば、さらにお得に利用できるかもしれません。是非チェックしてみましょう。

【まとめ】簡単×楽な処分なら、不用品回収業者で決まり!

【まとめ】簡単×楽な処分なら、不用品回収業者で決まり!

大きなベッドは部屋から運び出すだけでも大変です。特に一人暮らしや高齢者世帯では骨が折れるでしょう。そんな時、不用品回収業者なら部屋まで引き取りに来てくれ、搬出や処分までおまかせできます。

今一度、不用品回収業者と自治体やリサイクルショップを比較してみましょう。

自治体 リサイクルショップ 不用品回収業者
日時指定 ×
土日対応 × 店舗による
即日対応 × 店舗による
申し込み 一週間前を目安 前日まで 急ぎの場合も可
支払い方法 粗大ごみシールによる前払い その場で支払い 見積書通り
搬出 自分で行う 自分で行う 業者が行う
準備 自分で行う(解体や荷造り) 自分で行う(仕分けや荷造り) なし(仕分けや荷造り不要)

自治体では処分日時の指定はできません。自身で申し込みを行い、回収場までベッドを運ぶ必要があります。

リサイクルショップも出張を行っている一部を除き、やはり自分でベッドを持ち込まなければなりません。さらに土日や即日対応の可否も店舗によって対応が大きく異なります。

不用品回収業者なら日付指定OK。土日や即日対応も可能です。さらにベッドの搬出から回収・処分まで業者が全て行うため、お客さんが手伝う必要はありません。

また仕分けや荷造りまでやってくれるので、不用品を集めておくだけでOKです。不用品回収業者は、「大きなものを運べない」「時間や手間をかけずに処分したい」と考える人におすすめでしょう。

ベッドの処分でよくある質問・3つ

ベッドの処分でよくある質問・3つ

ここではベッドを処分するにあたり、よくある質問を3つ集めました。処分の際の参考にしてください。

ベッドの処分でよくある質問①|スプリングマットレスは粗大ごみに出せないってホント?

専門家が解決方法をアドバイス

自治体によっては、ベッドの回収はフレームのみで、マットレスは粗大ごみの対象外です。またスプリングマットレスには金属のバネが入っているため、分別が必要となり別料金がかかることも…。

まとめて処分したいのであれば、分別不要で引き取ってくれる不用品回収業者を選びましょう。

ベッドの処分でよくある質問②|ベッドが大きくて移動できない!?

専門家が解決方法をアドバイス

ベッドの処分で最も多い悩みです。ベッドによっては10キロ~20キロほどあり、一人では簡単に搬入や搬出ができません。また無理に運ぶと壁や床を傷つける恐れもあり、リスクが伴います。ベッドを運び出す際は、プロのスタッフに依頼するのがおすすめです。

ベッドの処分でよくある質問③|リサイクルショップが買い取ってくれない!

専門家が解決方法をアドバイス

古いベッドはリサイクルショップでも引き取ってもらえない場合がほとんどで、その場合は処分するしかありません。自治体では部屋の中まで取りには来てくれないため、不用品回収業者が便利です。

ベッドの処分ならナクスルで決まり!プロのスタッフが親切丁寧に回収・処分します

ベッドの処分ならナクスルで決まり!プロのスタッフが親切丁寧に回収・処分します

手間や時間をかけずスムーズにベッドを処分したいなら、ナクスルにご相談ください!
当店なら土日や即日対応もOK。プロのスタッフがすぐに駆けつけ、迅速にベッドを回収・処分いたします。

「マンションにエレベーターがなく階段のみ!」といった場合もご安心ください。ナクスルなら2階以上からの搬出も追加料金ゼロで対応します。

さらにベッド以外の不用品も一緒に回収OK!荷物が多いお客様にはお得な「定額パック」をご用意しております。

価値のあるものは、当社専属の鑑定士がしっかりと査定し、適切な料金で買い取り可能。売却代金を費用に充てて頂ければ、さらにリーズナブルに!

費用はあらかじめしっかりとしたお見積りをお出しする明瞭会計。後から追加料金やオプションの請求は一切ございません。

地域密着型のナクスルは口コミで紹介率95%超!お客様満足度94%超を達成しています。お客様からの声を真摯に受け止め、日々のサービスに反映しているため、満足度に自信あり。

まずは電話もしくはメールでお気軽にご相談ください。スタッフ一同、お客様との出会いを楽しみにしております。

トップページへ