キッチン家電家電製品
お役立ちコラム
キッチン家電家電製品

不要になった電子レンジの処分方法6選|劣化のサインや買い替え時も徹底解説

不要になった電子レンジの処分方法6選|劣化のサインや買い替え時も徹底解説

電子レンジは家電リサイクル法の対象外。どのように処分すればよいのか迷う人も多いのではないでしょうか?この記事では、そんな電子レンジを簡単かつ正しく処分する方法を詳しく解説しています。故障や買い替えなどを機に処分する際は、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

電子レンジ・オーブンレンジの正しい処分方法6つ

この項では、故障や劣化などで不要となった電子レンジ(オーブンレンジ含む)の処分方法を徹底解説。サイズや重量により、ベストな処分の仕方も違います。自分に合ったやり方で適切に処分してください。

電子レンジの処分方法①|自治体で粗大ごみとして出す

電子レンジの最もスタンダードな処分方法は、自治体で有料の「粗大ごみ」として出すことです。ルールは地域の自治体ごとに異なります。必ずHPや電話などで確認をしておきましょう。

〜電子レンジを粗大ごみに出す流れ〜

電子レンジを自治体の規定に従って処分する場合、次の流れで手続きをしてください。

電子レンジの処分手順①|自治体へ粗大ごみの受付をする

ホームページや電話で、自治体の粗大ごみを受け付けているセンターなどへ問合せます。なお、受付はほぼ平日のみです。

電子レンジを処分する日にちや時間、料金などは申込時に案内してもらえるので、メモをとりながらしっかりと聞き取りましょう。

電子レンジの処分手順②|粗大ごみ処理券の購入

粗大ごみ処理券の購入

自治体から料金の案内があるので、電子レンジ処分時に必要な粗大ごみ処理券(粗大ごみシール)を購入します。購入場所はコンビニや郵便局の窓口、スーパーなど自治体より指定されています。

注意点としては、余分に購入してもおつりが出ないことです。そのため、ぴったりの金額を手元に用意していくことをおすすめします。

電子レンジの処分手順③|電子レンジに券を貼り、指定の場所へ持っていく

購入した粗大ごみ処理券を電子レンジに貼ったら、自治体から指定された場所へ運びましょう。券は必ず、見えやすい場所へ剥がれないように貼ること。サビつきや油汚れなどで貼りにくい場合は、テープで補強するのもおすすめです。

電子レンジの処分手順④|回収されれば処分完了

無事に回収されれば、電子レンジの処分は完了です。

〜電子レンジを粗大ごみへ出す場合の処分費用〜

粗大ごみとして出す際の処分費用は自治体によって異なりますが、相場は通常の電子レンジであればおよそ400円。オーブンレンジの場合は約800円、ビルドインタイプのオーブンレンジであれば約2,000円を目安にしてください。

サイズや型によって金額が変わるので、必ず確認しましょう。

電子レンジを粗大ごみで処分する場合のメリット・デメリット

電子レンジを粗大ごみで処分する場合のメリット・デメリット

電子レンジを粗大ごみとして処分する場合に生じるメリット・デメリットを紹介します。

電子レンジを粗大ごみにして処分するメリット|法的に正しい処分方法なので安心

粗大ごみは自治体で手続きをしての処分・回収となるため、法に準じた処分方法だという安心感があります。悪徳業者に依頼すると不法投棄の心配もあることから、そのようなトラブルを回避できることがメリットです。

電子レンジを粗大ごみにして処分するデメリット①|処分までの手続きに時間がかかる

電子レンジを粗大ごみとして出す場合は、即日処分はできません。上記で解説したように、申込みや粗大ごみ処理券の購入、指定場所への搬入などの手間や時間が必要な点がデメリットです。

多くの場合、電子レンジが実際に回収されるまでには数日〜1週間ほどの日数を要します。1日も早く電子レンジを手放したい人には向かない方法といえるでしょう。

電子レンジを粗大ごみにして処分するデメリット②|回収は平日のみ

自治体の粗大ごみ回収サービスは、平日のみの利用となります。ライフスタイルや仕事の関係で、平日の指定時間に電子レンジを運び出すのが難しい場合は、不便かもしれません。

電子レンジの処分方法②|ネットショップで買った電子レンジは郵送で

ネットショップで買った電子レンジは郵送で

Amazonや楽天などのネットショップで購入した電子レンジは、宅配で運搬すればリサイクル処分が可能です。リサイクル券を購入し郵送すればOK。さほど難しい手続きではありません。

なお、宅配リサイクルサービスに関する規定などは、トラブルを避けるためにも必ず事業者への確認を忘れずに。

〜ネットショップで購入した電子レンジを処分する流れ〜

ここでは、ネットショップで購入した電子レンジを処分する方法を紹介します。

ネットで購入した電子レンジの処分方法①|リサイクル券を購入し必要事項を記入

例えば、有名なリネットジャパンリサイクル株式会社が提供する回収サービスですが、まず「小型家電リサイクル券」を購入します。届いたら、内部に記載されているシリアル番号を申込みサイトに記載。回収の予約をしましょう。

詳しくはAmazon内にある「小型家電リサイクル券 廃家電を自宅から宅配便で回収」をご確認ください。

ネットで購入した電子レンジの処分方法②|段ボール箱に収める

処分したい電子レンジを、宅配用に段ボール箱へ入れます。サイズは縦・横・高さの3辺が160センチ以内、重さは30キロ以内に収まっていれば大丈夫です。範囲内であれば、他の不要品も含めて何点入れてもOK。

ネットで購入した電子レンジの処分方法③|宅配業者に回収されれば完了

宅配業者に回収されれば完了

指定日に業者が電子レンジを取りに来てくれるので、宅配便として回収されれば処分完了です。希望日時が年中無休で受付可能かつ、最短翌日の回収となります。電子レンジ回収後は、国の認定工場で処分。約20日後に処理完了のメールが届きます。

ネットショップのリサイクルサービスにおける電子レンジの処分費用

リサイクル処分券が約1,960円(税込)。段ボールを新たに購入する場合は1枚700〜900円です。したがって、合計2,900円弱ということになります。リサイクル処分券や段ボールは、購入先によって料金が若干変化すると考えてよいでしょう。

電子レンジをこの方法で処分するメリット・デメリット

電子レンジをこの方法で処分するメリット・デメリット

ネットショップで購入した電子レンジを、ネットでのリサイクルサービスで処分する際のメリット、デメリットを紹介します。

ネットショップのリサイクルサービスで電子レンジを処分するメリット①|自分の都合に合わせて電子レンジを処分できる

ネットショップのリサイクルサービスは、自宅まで宅配業者が取りに来てくれます。自治体のように収集日に限りがなく、最短翌日の回収が可能。年中無休で希望日時を決められます。自分の都合に合わせて電子レンジを処分できる点が便利です。

ネットショップのリサイクルサービスで電子レンジを処分するメリット②|認定業者なので信頼できる

対応してくれるのは、環境省・経済産業省から正式に認定を受けている認定事業者。合法かつ事業の透明性の基準をクリアしているため、不法投棄や不適切な処理をされる心配がありません。

ネットショップのリサイクルサービスで電子レンジを処分するデメリット|リサイクル券に使用期限があることも

ネットで購入できるリサイクル券には、3ヶ月〜6ヶ月の使用期限が決められています。期限内に使用しなければ無効。使用期限内に処分できそうにない場合はデメリットとなるでしょう。

電子レンジの処分方法③|新規購入する店舗で処分を依頼する

新規購入する店舗で処分を依頼する

家電リサイクル法の対象外となる電子レンジは、新しいものを購入時に家電量販店へ処分を依頼できます。無料で引き取ってくれるほか、状態がよく年数が経っていないものであれば下取りをしてもらえる場合があるので、事前に確認しましょう。

ただし新しい電子レンジを購入せず、不要な電子レンジの引取だけを依頼する場合はリサイクル料金が発生する場合がほとんどです。

〜新しい電子レンジの購入時に店舗で処分する流れ〜

新しい電子レンジの購入の際、家電量販店で不要な方を引き取ってもらうまでの流れを解説します。

購入した店舗で電子レンジを処分手順①|電子レンジを店舗に持ち込む

下取りは、新しく電子レンジを購入すると同時に申し込みをします。店舗に持ち込んで手続きをする方法と、新しい電子レンジを自宅まで配達してもらい、引き換えに下取りをしてもらう方法があります。

購入した店舗で電子レンジを処分手順②|下取りの料金を支払う

無料下取りでない場合は、受付で下取りの料金を支払います。支払いは古い電子レンジの引き渡し時が、最も手っ取り早く済ませられる方法です。出張を依頼した場合は、引取時に支払いをしてもOKな場合があります。店舗によって異なるので、確認が必要です。

購入した店舗で電子レンジを処分手順③|下取りを終えたら処分完了

下取りを終えたら処分完了

古い電子レンジを引き渡し、処分費用にかかる料金の支払いが済めば処分完了です。

購入した店舗で電子レンジの回収を依頼する場合の処分費用

電子レンジは、小型家電リサイクル法の対象となります。引き取りを依頼する家電量販店によって料金は変わりますが、相場は500〜1,000円。オーブンレンジの場合は2,000円程度かかるところもあります。

ただし、不要な電子レンジの引き取りのみで出張を依頼した場合は、出張料金が別途発生する場合があるので注意が必要です。また、時期によっては「下取りキャンペーン」を行っている場合もあります。

キャンペーンの内容は店舗によりますが「1万円以上の購入で下取り無料」など、オトクな情報はチェックしておきましょう。

購入した店で電子レンジを処分する際のメリット・デメリット

新しい電子レンジの購入時に、古い方を購入店で下取り処分する場合のメリット・デメリットを紹介します。

購入した店で電子レンジを処分するメリット①|新品の購入と同時に不要な電子レンジを処分できる

新品の購入と同時に不要な電子レンジを処分できるという手っ取り早さが、一番のメリットです。自治体のように指定日まで待つ必要はなく、最短で当日に電子レンジの処分ができます。新品の購入をする人(特に店舗まで車などで持ち込める人)にはおすすめの方法です。

購入した店で電子レンジを処分するメリット②|条件によっては0円で処分できる

条件によっては0円で処分できる

不要な電子レンジの処分費用が0円になるケースもあります。「購入してからの年数が短い」「汚れや故障がなく、付属品が全て揃って新品同様の状態」「再利用可能かつ人気メーカーの電子レンジ」などです。

店舗によって条件は違いますが、きれいな状態で保管できているのであれば、下取り時に相談してみましょう。

購入した店で電子レンジを処分するデメリット|業務用の電子レンジは対象外になることも

電子レンジは小型家電リサイクル法の対象となるため、業務用のものは下取りの対象外となる場合があります。処分したい電子レンジが業務用であれば、依頼しようとしている家電量販店が下取り可能かを確認しましょう。

電子レンジの処分方法④|リサイクルショップで買い取ってもらう

電子レンジをリサイクルショップで買い取ってもらえれば、大方は即日処分できます。処分費用がかからず、お小遣い程度のお金に替えられるところも魅力です。

〜リサイクルショップで電子レンジを処分する流れ〜

リサイクルショップで電子レンジを処分するには、次の手順で店に買い取ってもらいましょう。

リサイクルショップで電子レンジの買取手順①|リサイクルショップに電子レンジを持ち込む

リサイクルショップに電子レンジを持ち込む

リサイクルショップを決めたら、不要な電子レンジを直接持ち込みましょう。家に居ながら処分したい場合は、出張査定やLINEでの査定を依頼することも可能です。

出張の場合は、料金が発生する場合も。「出張査定無料」などのサービスはチェックしておきましょう。

リサイクルショップで電子レンジの買い取り手順②|店に買い取り金額を査定してもらう

店舗への電子レンジの持ち込みや自宅での出張査定、LINE査定などにより、買取金額を店に査定してもらいましょう。店舗によって金額も変わるので、少しでも高く売りたい場合は複数の店舗を回ってみるのもおすすめです。

おおよその相場を把握でき、見積もりの比較をしてから査定を依頼できます。

リサイクルショップで電子レンジの買取手順③|無事に買い取ってもらえたら処分完了

店側が提示した査定金額に納得すれば、不要な電子レンジを買い取ってもらって処分完了となります。なお、売却するには身分証明証が必要です。店舗へ出向く場合は、運転免許や保険証などを、あらかじめ準備しておきましょう。

電子レンジのリサイクルショップでかかる処分費用

電子レンジのリサイクルショップでかかる処分費用

リサイクルショップは電子レンジを買い取ってもらえるので、処分費用はかかりません。むしろ買い取ってもらえる分、お金が入ります。ただし、宅配買取を依頼した場合は送料を負担しなければならない可能性があるので気を付けましょう。

電子レンジをリサイクルショップで買い取ってもらうメリット・デメリット

電子レンジをリサイクルショップで処分する場合の、メリット・デメリットを解説していきます。

リサイクルショップで電子レンジを処分するメリット①|処分する代わりにお金が入る

「買い取ってもらえればお金になる」という点が、この方法で電子レンジを処分する方法の最大のメリットです。店舗によって買取金額が異なるので、余裕があれば複数の店舗で見積もりを出すこともおすすめ。

少しでも査定額を高くしてもらいたいのであれば、汚れをきちんと拭き取るなどしてできるだけきれいな状態で持ち込みましょう。

リサイクルショップで電子レンジを処分するメリット②|持ち込むだけで即日処分が可能

車などに乗せて店舗に直接電子レンジを持ち込める場合は、その日に買い取りを完了させられます。送料も処分費用もかからず、梱包やリサイクル券購入などの手続きも不要です。

リサイクルショップで電子レンジを処分するデメリット|値段を自分で決められない

値段を自分で決められない

リサイクルショップで買い取って貰う場合は、査定金額を店側が決定します。店舗によっては驚くような安い値段でしか買い取って貰えない場合もあるため、価格を自分で決められない点はデメリットとなります。

電子レンジの処分方法⑤|フリマアプリやネットオークションに出品

不要な電子レンジがまだ使用可能で、ある程度きれいな場合は、フリマアプリやネットオークションに出品しての処分も可能です。

手間や時間がかかる一方で、買い手がつけば自分のつけた価格でお金が入ります。

〜フリマアプリやネットオークションで電子レンジを処分する流れ〜

フリマアプリやネットオークションに出品して電子レンジを売却する場合、次の流れでの処分となります。

フリマアプリ・ネットオークションで電子レンジを売る手順①|アプリやオークションサイトに会員登録

初めて利用する場合は、アプリのダウンロードやサイトへの会員登録が必要です。住所や氏名、電話番号などを入力しましょう。登録が完了すれば、すぐに利用可能です。

フリマアプリ・ネットオークションで電子レンジを売る手順②|出品ページに処分したい電子レンジを掲載

出品ページに処分したい電子レンジを掲載

出品ページを作成し、電子レンジを掲載します。売りたい電子レンジの魅力が伝わるよう、写真は汚れを拭き取ってきれいに撮りましょう。明るい場所で、白い壁などを背景に撮るのがおすすめです。

もしも傷や取れない汚れがある場合は、アップで写真に撮ります。そして「若干のキズ、汚れあり」といった説明書きを入れること。後々のトラブルを避けるためにも、ごまかさずに表記しましょう。

フリマアプリ・ネットオークションで電子レンジを売る手順③|購入者が現れたら発送手配

購入者が現れたら、梱包して相手先へと発送しましょう。宅配業者のサービスによっては、梱包から発送までの全てを請け負ってくれるところもあります。手間を省きたいなら上手く活用することをおすすめします。

フリマアプリ・ネットオークションで電子レンジを売る手順④|評価したら処分完了

電子レンジが購入者の元へ届けば、評価をして処分完了です。

ネットのフリマやオークションで電子レンジを売る際の処分費用

無料のアプリやサイトを利用すれば、処分費用はかかりません。ただし、売上金額の10%程度を販売手数料として引かれることがあります。加えて段ボールや梱包資材などは、自宅に無ければ自己負担です。

オンラインのフリマアプリやネットオークションを利用して電子レンジを売るメリット・デメリット

オンラインのフリマアプリやネットオークションを利用して電子レンジを売るメリット・デメリット

電子レンジを、ネットオークションやフリマアプリで売却する場合に生じるメリット・デメリットを紹介します。

フリマアプリやネットオークションを利用するメリット|価格を自分で決められる

リサイクルショップや自治体の指示と違う点は、価格を自分で決められること。ただし、相手からの値下げ交渉がある場合もしばしば。ある程度は値下げ可能な価格の基準を設けておくことが、早く手放すためのコツでもあります。

価格を決めるときは、送料込みでの値段をつける人も多いようです。

フリマアプリやネットオークションを利用するデメリット①|相手とのやりとりが必要

購入者とのやりとりは必要不可欠です。稀にではありますが、悪質な値下げ交渉や、届いてからの「壊れていた」「思っていたのと違う」と言われるようなトラブルが生じることも。こればかりは運なので、なんとも言えません。

それ以前に、顔の見えない相手とのメッセージのやりとりが苦手な人にとっては、デメリットと感じる側面となるでしょう。

フリマアプリやネットオークションを利用するデメリット②|売れるという保証がない

電子レンジを出品しても、すぐに売れるとは限りません。つまり、買い手がつかない限りは不用品をずっと手元に置いておかなければならなくなります。すぐにでも手放したい人には向かない処分方法です。

「◯月◯日までに売れなければ、自分で処分する」と、期限を設けることをおすすめします。

電子レンジの処分方法⑥|不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する

手軽かつお得に電子レンジを処分できる方法としては、不用品回収業者へ依頼する方法がおすすめです。自宅まで引き取りに来てもらえる上に、面倒な手続きなども不要。

電子レンジ以外の不用品を処分したい場合は、品数に限らず料金が一定の「定額パック」を利用できる業者を検討してみましょう。

〜不用品回収業者に電子レンジの処分を依頼する流れ〜

不用品回収業者で、電子レンジを処分する流れは、次の通りです。

不用品回収業者に依頼する流れ①|不用品回収業者を決定し、見積もりを取る

チラシやネットを参考に、不用品回収業者を選定します。サービス内容や金額は業者によって異なるため、複数の業者をピックアップして比較してみましょう。

各社に見積もりを出してもらうことで、相場を把握できます。この時、「ただ安いから」という理由だけで業者を選ばないこと。

安さだけをやたらと強調している業者は悪徳の可能性もあり、後から法外な料金を請求される可能性も。見積もりを取るときは、きちんと内訳まではっきりさせてから、正式に依頼しましょう。

不用品回収業者に依頼する流れ②|回収の日時を打ち合わせする

回収の日時を打ち合わせする

業者が決まれば、回収に来て欲しい日時の打ち合わせをします。「夜間なのでなるべく物音をたてないように」「子どもが居るので作業を手早く」など、注意点や要望などは前もって伝えましょう。

不用品回収業者に依頼する流れ③|電子レンジを引き渡せば処分完了

作業当日、不用品回収業者に電子レンジを引き渡せば完了です。

電子レンジの不用品回収業者依頼時の処分費用

電子レンジの処分費用は業者によって異なります。処分費用に加えて基本料金や出張費用が発生するケースもあるため、見積もりの段階で明白にしておきましょう。

当日になって、言われていなかった料金を上乗せで請求されないためにも、オプションなども細かく確認すること。おおよその相場としては、1,500〜3,000円ほどをみておきましょう。

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

電子レンジの処分を不用品回収業者に依頼すると、次のメリット・デメリットが発生します。

不用品回収業者に依頼するメリット①|幅広い不用品が回収可能

幅広い不用品が回収可能

不用品回収業者では、食品や生ゴミ、液体などを除いてほとんどの製品が回収可能です。複数のものを処分したい場合でも、分別はスタッフが行うので一箇所にまとめておけばOK。幅広い不用品に対応できる点が、回収業者の強みといえるでしょう。

不用品回収業者に依頼するメリット②|作業時間を柔軟に対応してもらえる

例えば「平日はフルタイムで仕事なので、休日の午前中に来て欲しい」「昼間は家を空ける事が多いので、夜間の回収をお願いしたい」など、作業時間の相談ができるのも不用品回収業者の魅力。ライフスタイルに応じて、希望時間などを伝えてみましょう。

不用品回収業者に依頼するデメリット|繁忙期は希望日や要望が通らないことも

作業時間や女性スタッフの手配など、希望にはできるだけ柔軟に対応してくれます。ただし、年末年始や引っ越しのシーズンなどは予約も取りづらく、繁忙期は期待どおりにいかないことがあります。

時期をずらしたり早めに予約を入れたりするなどの対処をしましょう。

電子レンジ・オーブンレンジの寿命

電子レンジやオーブンレンジの寿命を知っておくことはもちろん、劣化のサインを察知することも重要です。ある程度使用したら、メンテナンスを。

電子レンジの劣化のサイン

電子レンジの劣化のサイン

電子レンジの寿命は、約10年です。特に異常や故障などが見られなくても、年数が経てば劣化するので買い換えることをおすすめします。

電子レンジもオーブンレンジも、使用回数が多くなるほど寿命も早まりますが、以下のサインが見られ始めたらなるべく早く処分を検討しましょう。

  1. 食品の温まりが悪い
  2. 温めていても途中で止まる
  3. 操作ボタンや画面が動かない
  4. 異臭・異音がする
  5. レンジの中に火花が見える

特に異臭や異音、火花が出るといった状態は末期症状。危険なので、使用は直ちに中止しましょう。

こんな使い方は電子レンジの劣化を早めてしまう

電子レンジはこまめに手入れし、使用上の注意を守ることで寿命を伸ばせます。次の項目に該当する行為をしていないか、チェックしてみてください。

  1. アルミホイルを入れて温めている
  2. 庫内を掃除しない
  3. 空炊きをしている
  4. 液体が吹きこぼれるほど長時間加熱する
  5. 食品を煙が出るほど加熱する

特に庫内の汚れを放置していると、悪臭や雑菌繁殖の原因になります。そればかりか、食品のカスが熱を受けることで発火に繋がる危険性も。できれば使用するたびに、少なくとも週に1回は電子レンジの庫内を掃除することをおすすめします。

電子レンジ処分をよりお得に!不用品回収業者選びのポイント

電子レンジ処分をよりお得に!不用品回収業者選びのポイント

数ある不用品回収業者。依頼するにあたって、何を基準に選べば良いか迷う人も多いでしょう。失敗しないためにも、業者選びのポイントはしっかり押さえておきましょう。

不用品回収業者選びのポイント①|HPに会社情報を記載している

優良な不用品回収業者は、HPに住所や電話番号、実績などの会社情報を詳しく記載しています。特に会社の実績は、業者の作業内容や対応できる範囲を確認できる上、依頼前に会社のイメージも湧きやすいでしょう。

併せて「お客様の声」も重要ポイント。ある程度良い口コミが寄せられていることが、業者選びの上で大切な判断材料です。

不用品回収業者選びのポイント②|日時指定や即日対応が可能であるか

依頼できる日が限られていたり急ぎであったりする場合、即日対応や日時指定ができる不用品回収業者を選ぶ必要があります。

女性の1人暮らしの場合、業者によっては女性スタッフを手配してくれることもあります。必要な場合はぜひ、相談してみてください。

不用品回収業者選びのポイント③|金額を明記している

オプションや追加料金も含め、見積もり時に料金については納得するまでしっかりと質問しましょう。優良な不用品回収業者であればHPに料金を明記しており、質問にもきちんと答えてくれます。

悪徳業者であれば、料金の表記も曖昧で安さばかりを強調し、質問にもきちんと答えてくれない可能性もあります。

比べて分かる!電子レンジの処分なら不用品回収業がおすすめ

比べて分かる!電子レンジの処分なら不用品回収業がおすすめ

自分では処分しにくいものや運び出しが困難なものでも、不用品回収業者なら安心してお任せが可能。再利用可能なものを買い取ってもらえば、処分費用が大幅に抑えられるという強みもあります。下記の表を参考に、他の方法と比較してみましょう。

不用品回収業者 引っ越し業者 リサイクルショップ 自治体
日時指定
即日対応
スタッフの指定
買取り

例えば、自治体や引越し業者の場合は即日対応が不可であり、日時が全て指定範囲内となります。自治体では買い取りも行っておらず、処分費用は全て自己負担。

その一方で不用品回収業者は、日時指定および最短で即日対応が可能です。回収時の希望や相談にも柔軟に対応し、搬出から回収・処分までの全てをお任せできます。

しかも当日は、不用品を一箇所にまとめて立ち会うだけでOK。疲れていても、体力に自信がなくても安心です。

電子レンジの処分でよくある質問・3つ

ここでは電子レンジの処分について、お客様から多く寄せられている質問を3つ紹介します。処分時の参考にしてください。

電子レンジの処分でよくある質問①|電子レンジは、不燃ごみで捨てられますか?

専門家が解決方法をアドバイス

サイズの小さい電子レンジは、不燃ごみとして捨てられる場合があります。指定のごみ袋の中に納まるようであればOK。収集日に出せば、そのまま回収してもらえます。

電子レンジの処分でよくある質問②|電子レンジを分解して処分して大丈夫ですか?

専門家が解決方法をアドバイス

絶対にやめましょう。専門知識がない人が、素人判断で分解する行為は非常に危険です。特に海外の電子レンジであれば、内部コンデンサに電圧が残っていることがあります。その場合、分解時に感電や放電が起こる可能性もゼロではありません。

電子レンジの処分でよくある質問③|電子レンジはどのような状態で不用品回収業者に引き渡せばよいですか?

専門家が解決方法をアドバイス

そのままの状態で回収可能です。特に買取などを希望しない場合は、汚れを拭き取る必要もありません。また不用品回収業者によっては、電子レンジ1台からでも回収してもらえるところもあります。

ただし電子レンジ1台など、回収品目が少ない場合は要注意。不用品回収業者を利用することによって、かえって高くつく場合があるからです。

自治体で粗大ごみとして出す方がリーズナブルに処分できる可能性があるし、指定のゴミ袋に収まるようなサイズであれば、不燃ごみとして0円で処分できます。

それらを見極めるコツとして、まず不用品回収業者に見積もりを取り、その上で処分費用を比較してみてください。

電子レンジの処分なら地域密着型の「ナクスル」へ!素早くお得に対応いたします

電子レンジの処分なら地域密着型の「ナクスル」へ!素早くお得に対応いたします

電子レンジは、家電リサイクル対象外。自治体によって捨て方が違う上に、分別も迷います。そんな電子レンジの処分に困ったら、ぜひナクスルへご相談ください。

当社では電子レンジやオーブンレンジなどの不用品回収から引っ越し処分・ゴミ屋敷清掃・遺品整理などを承っております。リサイクルショップで買取できない使用不可なものや、故障した電子レンジも回収可能です。

加えてお忙しい方にもご利用いただけるよう、夜間の作業にも対応。予約のお電話も23時まで受付しております。ただ回収するだけでなく、お客様の事情・ご要望によって最適なプランをご提案。地域に寄り添ったサービスを提供できるよう、努めております。

また一人暮らし女性や高齢者様はもちろん、企業様からのご依頼も多く頂いております。不安の声に合わせて女性スタッフの派遣を考慮したり、業務用のオーブンレンジの回収にお答えしたりと、さまざまなご要望にもご対応。

電子レンジやオーブンレンジなどの処分にお困りでしたら気軽にナクスルへお問い合わせください。スタッフ一同、親切丁寧にご対応します。

トップページへ