リビング家具家具
お役立ちコラム
リビング家具家具

プロが教える!ソファの処分方法6選|楽に手放すポイントも紹介

プロが教える!ソファの処分方法6選|楽に手放すポイントも紹介

大きくて重たいソファの処分に困っていませんか?一見大変そうなソファの処分ですが、少しのコツと工夫で簡単に処分できるのです。

今回はソファを楽に手放す方法について解説します。

この記事の目次

ソファの寿命ってどのくらい?

ソファの寿命ってどのくらい?

ソファは値段が張るものも多いため、頻繁に買い換えるものではありませんよね。しかしソファにもいつか寿命がきます。ここではソファの寿命について見ていきましょう。

ファブリック素材のソファ

ファブリックのソファ(布ソファ)は使ううちに布が擦り切れたり、色褪せるなどの劣化が起こります。そのため使用可能期間は6年~8年ほどです。カバーをかければ長く使えますが、本体にシミや汚れが目立つようなら買い替えを検討しましょう。

合皮素材のソファ

素材の質にもよりますが、約3年~5年で劣化が始まります。合皮のソファは合皮素材に色を塗って作られますが、使っていると塗装が剥がれてボロボロになることも。汚れや剥がれが目立ってきたら、買い替えの時期といえるでしょう。

本革のソファ

本革のソファはしっかりとした手入れをすれば、10年以上持つことも。半年に一回程度、専用クリームなどを塗ってメンテナンスをすると良いです。

本革は使い込むほどに風合いが変化し、味が出てきます。しかし手入れをしないと表面が乾いてしまい、約4~5年で寿命が来ます。万が一、メンテナンスをしてもツヤが出ないようなら、買い替えを検討しましょう。

ウレタンやスプリングのソファ

ソファの中にはウレタンがよく使用されていますが、長年使っていると徐々にヘタってきます。日常的によくソファに座れば、その分劣化は早まるでしょう。座席部分に弾力がなくなってきたり、スプリングがギシギシと音を立て始めたら買い替えのサインです。

木製のフレームの寿命サイン

ソファを長く使っていると木枠(フレーム)も徐々に痛んできます。劣化やゆがみが出てきたら、そろそろ買い替えを検討しましょう。そのまま使用すると思わぬ事故に繋がる危険性もあります。

ソファを買い替えるタイミングをチェック

ソファを買い替えるタイミングをチェック

ソファの買い替えのタイミングって悩みますよね。特に愛用している場合、なかなか決心がつかないことも。ここではソファを買い換えるタイミングについて解説します。

座面のへたりや座り心地の悪さを感じた時

ソファの座面がへこんできた場合やスプリングが当たって痛いなど、座り心地の悪さを感じたら、買い替えのサインです。

座り心地の悪いソファを無理に使い続けると、腰や背中に負担がかかり痛める可能性があります。そろそろ買い替えを検討しましょう。

ダメージが目立ってきた時

生地が破れてきた時や毛玉が目立つ時・シミや汚れがひどくなってきたら買い替えの時期です。ダメージの目立つソファは、インテリア的に見た目もよくありません。またフレームにヒビが入るなどのダメージがある場合はケガの原因にもなります。

ライフスタイルの変化に合わせて

一人暮らしを始める際や、結婚・転勤などライフスタイルが変わる時も、ソファを買い替えるいい機会になります。また使う人数が変わったり、部屋のインテリアを変えたためソファが必要なくなるケースも。生活環境が変わったら、ソファが今後も必要か今一度検討してみるとよいでしょう。

いらなくなったソファの処分方法・6つ

いらなくなったソファの処分方法・6つ

ソファを買い替える場合、現在のソファを手放す必要があります。ここからは不要になったソファの処分方法を見ていきましょう。

ソファの処分方法①|粗大ごみに出す

使わなくなったソファを自治体のルールに従い、粗大ごみとして出す方法です。詳しい処分方法やルールは自治体によって異なるため、あらかじめホームページや電話で確認するとスムーズです。

~依頼の流れ~

ここでは、ソファを粗大ごみとして自治体に依頼する流れをご紹介します。

手順①|粗大ごみの申し込みを行う

電話もしくはホームページで事前に申し込みを行います。電話の場合、受付時間が平日のみの可能性が高いため注意しましょう。申し込みの際、処分費用や回収日時・整理番号の案内があるため、メモを取っておくと安心です。

手順②|粗大ゴミ処理券(粗大ごみシール)を購入する

申し込みが完了したら、粗大ゴミ処理券を購入しましょう。粗大ゴミ処理券はスーパーやコンビニなどで販売されています。返品ができないため、買い間違いに注意しましょう。

手順③|粗大ゴミ処理券に必要事項を記入する

粗大ゴミ処理券には回収日時や整理番号を記入する欄があります。シールを貼る前に必要事項を漏れなく記入しましょう。忘れてしまうと回収されない可能性があります。

記入が終わったら、粗大ゴミ処理券をソファにしっかりと貼りつけます。貼る場所は平面で目立つ場所にしましょう。回収担当の人の目につく場所を選んでくださいね。

手順④|回収日当日にソファを指定された場所に出す

回収日が来たら、ソファを指定場所まで運びます。前日の夜に出すのはルール違反なのでやめましょう。ソファはとても大きいため、通行人の邪魔にならないよう配慮し、道路にはみ出ていないかチェックします。

手順⑤|回収されたら完了

問題なければソファはそのまま回収されます。無事回収されたことを確認すれば、処分は完了です。

~ソファの処分費用~

処理手数料は自治体やソファの大きさによって異なります。例えば東京都江東区の場合、以下の通りです。

  1. 一人掛けソファ…約800円
  2. 二人以上用ソファ…約2,000円
  3. ソファベッド…約2,000円

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

ソファの処分を自治体に依頼する場合のメリットやデメリットは以下の通りです。

メリット①|料金が前もってわかる

各自治体によって料金があらかじめ決まっています。そのため後から思わぬ高額請求を受けることはありません。

メリット②|家の近くに出しておくだけで収集してもらえる

自治体が自宅近くまで回収に来てくれるため、回収場所に出しておくだけでOK。遠くまで運ぶ必要もないため、気軽に処分できます。

デメリット①|自分で運ぶ必要がある

自治体が回収に来るのは、あくまで回収場所までです。そのため自分で家の外まで運び出す必要があります。あまりに大きなソファの場合、前もって手伝ってくれる人を探しておくとよいでしょう。

デメリット②|土日は回収に来ない

基本的に回収日は平日のみです。そのため土日に処分したい場合は、別の方法を探す必要があります。

ソファの処分方法②|リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップに出すと処分もできる上、お金にもなるのでおすすめです。少しでも高く売りたい場合は、ソファをメインに扱っているリサイクルショップに持ち込むのがよいでしょう。

~依頼の流れ~

ここでは、リサイクルショップに買取依頼する流れをご紹介します。

手順①|売りたいリサイクルショップを探す

ネットなどで売りに行くリサイクルショップを探します。自分でソファを運ぶのが難しい場合は、出張買取を行っているショップもよいでしょう。

手順②|電話で予約をする

いきなりお店に行くよりも、あらかじめ電話で予約をしておくとスムーズです。なぜなら在庫の関係で家具の買い取りをストップしているケースもあるため。せっかく持ち込んだのに断られた…なんて事態にならないよう注意しましょう。

手順③|リサイクルショップに持ち込む

ソファをリサイクルショップに持ち込みます。リサイクルショップによっては駐車場がない、もしくは狭い店舗もあります。大きなトラックで運ぶ際には、駐車する場所についても確認しておきましょう。

手順④|査定してもらう

リサイクルショップでソファの査定を行います。待ち時間が発生する可能性があるため、時間に余裕をもって行くようにしましょう。

手順⑤|代金を受け取る

買い取り代金を受け取り、ソファを引き渡せば完了です。

~ソファの処分費用~

買い取りに出すため処分費用はかかりません。ただし運搬用のトラックをレンタルする場合、レンタル料は自己負担となります。

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

リサイクルショップに持ち込む際のメリットやデメリットについて知っておきましょう。

メリット①|処分費用がかからない

リサイクルショップに売る最大のメリットは、処分費用がかからないことです。再利用可能な状態であれば、ほとんどのリサイクルショップが買い取ってくれるでしょう。

またソファ以外にも処分したいものをまとめて持ち込んでもOK。買い取ってもらうほどお得になります。

メリット②|リサイクルしてもらえる

使えるソファを捨ててしまうのは心苦しいですよね。しかしリサイクルショップなら、買い取ったあと再利用してもらえます。リユースされるなら、気持ちよく手放せそうですね。

デメリット|納得のいく査定額にならないこともある

ソファによっては納得のいく査定額にならないことも。納得のいく査定額になるまで、数か所のリサイクルショップを回る方法もありますが、時間と手間がかかります。そのため状態が悪いソファの場合は、処分も検討したほうがよいでしょう。

ソファの処分方法③|ネットで買い手を探す

ネットで買い手を探す

ネットオークションやフリマアプリを使って買い手を探す方法です。サイトによっては多くの人が目にするため、売れやすくなる可能性があるでしょう。

~依頼の流れ~

ここでは、ネットオークションやフリマアプリで売却する流れをご紹介します。

手順①|サイトに登録する

サイトを初めて利用する場合、まずは登録が必要です。サイトによってアプリのダウンロードが必要な場合もあるため注意しましょう。アカウント作成時には名前や住所・生年月日などの本人情報が必要ですが、普段の取引はニックネームを使うため個人情報が漏れることはありません。

手順②|ソファを出品する

売りたいソファを撮影・登録しましょう。特に写真は購入者が気にする点のひとつです。写真ははっきりと、ボケないよう撮影します。ソファがより魅力的に見えるよう、自然光が差し込む窓辺での撮影がおすすめ。

またうっかり個人情報が特定できるものが映り込まないよう注意しましょう。

手順③|説明文を書く

ソファについての説明文を記載します。購入時期や色・素材・使用期間などを詳しく書きましょう。ブランドやメーカーが分かる場合は、書いておくと売れやすくなります。

手順④|販売価格を設定する

写真や説明文の記載が終わったら、価格を決定します。価格は売りたい値段でOKですが、他の出品物を見て相場をチェックする方法もおすすめです。

手順⑤|ソファを発送する

ソファが購入されたら、発送しましょう。ソファをビニール袋に入れたら、段ボールに入れます。段ボールがあまり大きすぎると、送料が高くなるため、なるべくサイズがぴったりのものを選ぶのがおすすめです。

手順⑥|評価をして終了

ソファが相手に届き、問題なければお互いに評価をして完了です。

~ソファの処分費用~

オークションサイトやフリマサイト自体は無料で利用できます。ただし売れた場合、売り上げの10%ほどを運営会社に支払う必要があるため注意しましょう。また送料が出品者負担の場合は、その分が差し引かれます。

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

ネットオークションやフリマサイトを使う場合のメリットやデメリットは以下の通りです。

メリット①|忙しくても出品できる

オークションやフリマアプリなら24時間いつでも出品可能。時間や場所を選びません。そのためスキマ時間でソファを売りに出せます。

メリット②|売りたい値段で売れる

リサイクルショップに依頼する場合、ソファの状態によっては思ったような金額がつかない可能性があります。しかしネットオークションやフリマサイトなら、自分で金額を自由に決められるため、好きな値段で売却可能です。

デメリット①|トラブルになる可能性がある

ネットオークションやフリマサイトは顔の見えない取り引きであるため、思わぬトラブルに発展するケースも。また購入者との細かなやり取りに疲れてしまう恐れもあります。

デメリット②|送料が高額になりがち

ソファは大きいため、送料が高額になりがちです。そのため送料を出品者負担にすると、手元にお金があまり残らない可能性も…。あらかじめ送料を考慮した販売価格にするか着払いにしておくと安心です。

ソファの処分方法④|地元の掲示板や地元紙で譲り先を探す

地元の掲示板や地元紙で譲り先を探す

地元の掲示板や地元紙に「譲ります」「売ります」などのコーナーがあれば掲載してみましょう。買い手が見つかるかもしれません。

~依頼の流れ~

掲示板や地元紙に問い合わせを行い、ソファを譲る旨を掲載しましょう。説明文には、ソファの形や色・状態・購入時期のほか、引き渡し方法も書いておくとスムーズです。

有料の場合は希望金額も記載しましょう。相手に自宅まで取りに来てもらえば送料もかかりません。

~ソファの処分費用~

欲しい人に譲れば、処分費用はかかりません。ただし掲示板や地元紙への掲載料が有料の場合、別途費用が発生します。

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

地元の掲示板や新聞に掲載する場合のメリットやデメリットを見ていきます。

メリット①|相手に喜んでもらえる

ソファを譲ることで、相手に喜んでもらえます。また再活用してもらえるためリサイクルもでき、捨てるよりエコですね。

メリット②|送料がかからない

条件に「自宅まで取りに来れる人」といったことを記載すれば、送料もかかりません。また「搬出を手伝ってくれる人」と書くことで、運び出しからやってもらうことも可能です。

デメリット①|知らない人と会わなければならない

対面で引き渡す場合、相手と会う必要があります。さらに搬出を手伝ってもらう場合、家に入ってもらう必要があるため注意しましょう。「初対面の人を自宅に上げるのは抵抗がある…」と感じる人は、別の方法を検討しましょう。

デメリット②|連絡先を不特定多数に知られる可能性がある

掲載する時、連絡先として携帯番号やメールアドレスを載せる必要があります。いくら地域限定の掲示板や新聞だとしても、不特定多数に見られるリスクがあるでしょう。連絡先は捨てアドレスにし、電話番号やLINEのIDなどの掲載は避けたほうが無難です。

ソファの処分方法⑤|NPO団体やNGO団体へ寄付する

NPO団体やNGO団体へ寄付する

ソファを海外や被災地に寄付する方法です。ソファを処分できる上、社会貢献も可能ですが、送料が自己負担になる可能性も。前もって確認しておくとよいでしょう。

~依頼の流れ~

ここでは、NPO団体やNGO団体へ寄付する流れをご紹介します。

手順①|寄付を受け付けている団体を探す

ネットで「ソファ 寄付」などと検索し、寄付を受け付けている団体を探してみましょう。海外支援や障がい者支援など、様々な団体があります。

手順②|問い合わせを行う

いきなりソファを送りつけるのは迷惑なのでやめましょう。まずは電話やメールでソファを寄付したい旨を伝えます。

手順③|引き渡しをして完了

ソファをNPO団体やNGO団体に送ります。送る前はなるべくソファの汚れを落とし、綺麗な状態にしておきましょう。近くに団体の施設があるなら、直接持ち込んでもよいでしょう。

~ソファの処分費用~

寄付をするため処分費用はかかりません。ただしソファを団体に送る場合、送料がかかります。

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

ソファをNPO団体やNGO団体に送る場合のメリットやデメリットは以下の通りです。

メリット①|社会貢献ができる

いらないソファを寄付するだけで簡単に社会貢献ができます。そのため寄付をしたいけど、お金がないといった人にぴったりです。

メリット②|自分の幸福度が高まる

寄付は相手を助けるだけでなく、行った本人にもよい影響があります。ある実験では、自分のために使うよりも寄付やプレゼントなど、他者のためにお金を使ったほうが幸福感も上がるとのこと。寄付には自分の幸福感を高める効果が期待できます。

デメリット①|送料が自己負担となる可能性がある

ソファをNPO団体やNGO団体に送った場合、送料が自己負担となる可能性があります。ソファは大きいため、思わぬ出費につながることも…。あらかじめ送料を調べたうえで、本当に寄付するのかを考えてみましょう。

デメリット②|必ずしも受け取ってくれるとは限らない

ソファをNPO団体やNGO団体が必ずしも受け取ってくれるとは限りません。状態や大きさによっては断られる可能性もあるため注意しましょう。

ソファの処分方法⑥|不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する

不用品回収の専門業者にソファの処分を依頼する方法です。プロが搬出から回収・処分まで行ってくれるため、重たいソファも簡単に処分可能。また買取サービスを利用すればリサイクルにもなります。

~依頼の流れ~

ここでは、不用品回収業者で処分する流れをご紹介します。

手順①|業者を探す

ネットや広告などで不用品回収業者を探しましょう。ポータルサイトを利用すると周辺の業者が簡単に検索でき、料金の比較も可能です。

手順②|問い合わせをする

気になる業者が見つかったら、電話やメール・LINEなどで問い合わせをしてみましょう。分からないことはこの際に聞いておくと安心です。

手順③|見積書を作ってもらう

依頼したい業者が決まったら、まずは見積書を取りましょう。相場を把握するためにも、複数の業者に見積書を依頼するのがおすすめです。見積書は合計金額ばかり目が行きがちですが、内訳もしっかりと確認しましょう。

手順④|契約する

見積書に納得したら、正式に依頼します。作業日時や手順について話し合っておきましょう。特に希望がある場合は、併せて相談します。

手順⑤|作業に来てもらう

当日にソファの回収を行います。ソファの状態によっては買い取りをしてもらえることも。作業が終わったら料金を支払って完了です。

~ソファの処分費用~

処分費用は不用品回収業者によって異なりますが、二人掛けソファならおおよそ6,000円〜が相場です。その他基本料金が加算される可能性もあるため、前もってしっかりと確認したうえで依頼しましょう。

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

不用品回収業者に依頼する際のメリットやデメリットについて解説します。

メリット①|自分で運べないものも処分できる

不用品回収業者は自分でソファを運べないときに利用するととても便利です。大型家具の搬出に慣れたプロが、ソファを運び出してくれるため、体力に自信がなくても問題ありません。

メリット②|大量の不用品を処分してくれる

引っ越しや断捨離で不用品を一度に大量処分したい時にも便利です。不用品回収業者なら仕分け不要で全てスタッフにおまかせできます。

自治体への依頼は一度に依頼できる個数が決まっていることもありますが、不用品回収業者には制限がありません。大量の荷物も簡単に処分できます。

デメリット①|業者によって料金が違う

不用品回収業者の場合、基準がないため料金は会社ごとに大きく異なります。そのため中には悪徳業者にとんでもない高額請求を受けるケースも…!トラブルを避けるためにも、依頼前には必ず見積もりをとりましょう。

デメリット②|自治体に依頼するよりも高くなるケースがある

専門業者に依頼するため、自治体への依頼よりも高くつくケースもあります。自分でソファを回収場所まで運べる場合は、自治体に依頼してもよいでしょう。

買取業者でソファを少しでも高く売るポイント

買取業者でソファを少しでも高く売るポイント

買取業者へ依頼する場合、簡単なポイントを抑えるだけでさらに高く売れる可能性が!ここでは少しでも高く売るためのテクニックを紹介します。

高く売るポイント①|需要が高まる時期を狙う

リユースする場合、季節ごとに売れる商品が異なります。たとえば真夏にコートを買う人は少ないですよね。特に洋服の場合、売る時期によって価格が変動しやすくタイミングによっては買い取ってもらえないことも。

ソファのニーズは春の引っ越し時期に最も高まります。そのため少しでも高く買い取ってもらいたいと思ったら、シーズンの少し前の3月ごろに処分を検討するとよいでしょう。

高く売るポイント②|購入した時の状態に近づけて売る

買取業者に買い取ってもらった商品の多くはリユースされます。そのためなるべく購入時の状態に近づけて売るとよいでしょう。

ソファはなるべく汚れを取り、付属品は一式そろえておくと高値がつきやすくなります。埃や毛玉もできるだけ取り除いておきましょう。もちろん、買い取りではなく回収・処分のみ希望する場合は現状のまま引き渡してOKです。

高く売るポイント③|ソファの相場を把握しておく

売りたいソファが一般的にどのくらいの価格で取り引きされているのかを知っておくことも大切です。ネットオークションやフリマサイトで似たようなソファをチェックしておきましょう。

最低額が高いか安いかを把握する目安になるとともに、交渉の材料になります。特に高価なソファを売る場合は注意して下さい。

不用品回収業者を選ぶ際のポイント・3つ

不用品回収業者を選ぶ際のポイント・3つ

不用品回収業者は全国にたくさんあり、何を基準に選べばいいのか悩みますよね。ここでは最低限抑えておきたい、不用品回収業者を選ぶ際のポイントを解説します。業者選びに失敗したくない人は参考にしてください。

不用品回収業者を選ぶ際のポイント①|所在ははっきりとしているか確認しよう

不用品回収業者は全国にたくさんあります。まずは信頼できる会社を見つけるため、会社の所在を確認しましょう。ホームページに営業所の住所が載っていなかったり、連絡先が携帯電話のみの業者は避けたほうが無難です。

万が一トラブルが発生した時に対応してもらえず、問い合わせ先も分からない…といった事態に陥る危険があります。依頼前にホームページやチラシをしっかりと確認し、所在がはっきりした業者を選ぶのが失敗しないコツです。

不用品回収業者を選ぶ際のポイント②|適正価格の業者を選ぼう

不用品回収業者の中には、高額なお金を要求してくる悪徳会社も少なくありません。また逆に安すぎる業者も考えものです。

業者を探す際は、安すぎず高すぎず、適正な価格で請け負っている業者がベストです。複数の業者から見積書を取ると、おおよその相場が見えてきます。

不用品回収業者を選ぶ際のポイント③|都合のいい言葉に注意しよう

不用品回収業者を見つけるにあたり、甘い言葉や都合のいい言葉には注意が必要です。よくあるのが「回収無料」という宣伝文句。

無料だと思って依頼したら「回収は無料だけと処分費は有料」などと言われ、高額請求を受けるケースも…。無料と聞いたら、無料範囲について必ず確認しましょう。

【まとめ】ソファを簡単に処分するなら不用品回収業者

ソファのいろいろな処分方法が分かったところで、それぞれのメリットやデメリットを分かりやすく表で比較してみましょう。

自治体 リサイクルショップ 不用品回収業者 寄付
日付指定 不可 営業時間内に限る 不可
時間指定 不可 営業時間内に限る 不可
即日対応 不可 店舗による 不可
スタッフの希望 できない 不可 不可
料金 一律 店舗による 業者による 無料

自治体の場合、時間や日付けの指定は不可。回収日は申し込み時に自治体が指定した日時となり、即日対応はできません。リサイクルショップは持ち込めば即日対応も可能ですが、あくまで営業時間内の対応となります。寄付はソファを送付する際に、送料が自己負担になってしまうことも…。

不用品回収業者なら日時の指定ができ、即日対応可能。料金は業者によって異なりますが、見積もりを取れば心配ありません。

【FAQ】ソファの処分でよくある質問

【FAQ】ソファの処分でよくある質問

ここではソファを処分するにあたり、よくある質問をまとめています。処分の前にチェックしてください。

ソファの処分でよくある質問①|ソファを解体して捨てることは可能ですか?

専門家が解決方法をアドバイス

ソファを自分で解体し、分別して一般ごみとして出すのは可能です。しかしソファは意外と複雑なつくりをしており、解体が難しいことも。またケガをするリスクもあります。可能な限り専門業者にまかせるのが安心です。

ソファの処分でよくある質問②|不用品回収業者に依頼する際にも粗大ごみシールは必要なのですか?

専門家が解決方法をアドバイス

不用品回収業者が回収した粗大ごみは会社で処分します。自治体に依頼するわけではないため、粗大ごみシールは必要ありません。そのため不用品回収業者に処分費用を直接支払えば問題ありません。

ソファの処分でよくある質問③|ソファ以外の家具も回収してもらえますか?

専門家が解決方法をアドバイス

ソファ以外の家具・家電・その他不用品もまとめて回収可能です。分別も必要ありません。もし作業日当日に新たな不用品が出てきた場合も、柔軟に対応いたします。

ソファの処分なら回収のプロであるナクスルにおまかせ

ソファの処分なら回収のプロであるナクスルにおまかせ

長年の暮らしの中で気付いたら増えてしまい、お部屋のスペースを取っている不用品はありませんか?

  1. 気付いたら荷物置き場になっているソファ
  2. いつの間に座らなくなってしまったソファ
  3. 部屋のインテリアに合わないソファ
  4. 大きくて運び出せず、処分を諦めていたソファ

などです。どんなに大きくて重いソファでも、不用品の処分ならナクスルにおまかせください。一般家庭はもちろん、事業者様の不用品回収も承っております。

「探し物をしながら片付けてほしい」などのご要望もOKです。どんな些細なこともお気軽にご相談ください。

当社は創立以来、地元密着型で多くのお客様にご依頼を頂いてきました。特にスタッフの育成に力を入れ、当社規定の研修をパスした者しか現場に送り出しておりません。

おかげさまで口コミで紹介率95%超・お客様満足度94%超を達成。たくさんの喜びの声も頂いております。

お客様が必要なものだけに囲まれて快適な生活ができるよう、スタッフが全力でサポートトいたします。1つからも依頼OK!お気軽にお問い合わせください。

トップページへ