収納ラック・ドレッサー家具
お役立ちコラム
収納ラック・ドレッサー家具

ハンガーラックおすすめの捨て方7選|素材によって異なる捨て方に注意

ハンガーラックおすすめの捨て方7選|素材によって異なる捨て方に注意

洋服の収納や洗濯物の部屋干し、インテリアなどのさまざまな用途に重宝されているハンガーラック。大きさがある上に素材も色々でで、処分方法を迷いやすいです。

この記事では、そんなハンガーラックの処分方法を分かりやすく解説しています。いざ処分すると決めた時にはぜひ、参考にしてください。

この記事の目次

ハンガーラックの処分方法・7つ

ここからは、ハンガーラックの処分方法を紹介していきます。全部で7通りあるので、ご自身に合ったやり方で処分してくださいね。

ハンガーラックの処分方法①|自治体で粗大ごみとして捨てる

不要になったハンガーラックは、粗大ごみとして自治体で有料での処分が可能です。なお、料金や処分方法、ルールなどは自治体によって異なります。市役所のホームページや電話での問い合わせで、必ず確認してから依頼しましょう。

ハンガーラックを粗大ごみとして処分する手順

ハンガーラックを粗大ごみとして処分する場合、自治体のルールに従って行いましょう。次の手順を参考にしてください。

ハンガーラックを粗大ごみとして処分する手順①|自治体へ処分を申し込む

自治体へ処分を申し込む

まずは自治体へ連絡を取り、申し込みを行います。平日のみの受付となっている場合も多いため、急ぎの場合は注意しましょう。申込み方法は、市役所のホームページでのweb予約や、電話で。日時や料金などを案内してくれます。メモを取りながら進めていきましょう。

ハンガーラックを粗大ごみとして処分する手順②|粗大ごみ処理券を購入する

自治体から料金の案内を受けたら、シール型の粗大ごみ処理券を購入しましょう。自治体が指定するスーパーやコンビニ、郵便局の窓口などで販売しています。注意点としては、多めに購入してもお釣りが出ないことです。ぴったりの金額を用意しておきましょう。

ハンガーラックを粗大ごみとして処分する手順③|ハンガーラックに粗大ごみ処理券を貼る

購入した粗大ごみ処理券を、ハンガーラックに貼ります。回収業者に見えやすいよう、目立つ場所へ貼りましょう。剥がれてしまうと回収できない場合も。セロハンテープなどを使って、しっかり密着させると安心です。

ハンガーラックを粗大ごみとして処分する手順④|指定場所へ出す

粗大ごみ処理券を貼り付けたハンガーラックを、自治体に指定された収集場所へと運びます。大方が自宅付近の集積場所ですが、自宅前の道路側を指定されている場合は分かりやすい場所へ出すこと。

粗大ごみ処理券を貼っている側が業者に見えるように出しましょう。

ハンガーラックを粗大ごみとして処分する手順⑤|回収されたら完了

回収されたら完了

無事に回収されれば処分完了です。集積場所へ残されていないか、念の為にも確認することをおすすめします。

〜ハンガーラックを粗大ごみとして出した場合の処分費用〜

ハンガーラックの処分費用は、大まかな相場が400〜600円ですが、各自治体により異なります。加えて、高さ1メートル未満のものと回転式のもの、高さ1メートル以上のものでもそれぞれ料金が変わるので注意が必要です。

ハンガーラックを粗大ごみに出すメリット・デメリット

ハンガーラックを自治体で粗大ごみとして出す場合、メリット・デメリットは以下の通りです。

ハンガーラックを粗大ごみに出すメリット|処分費用が一定

処分費用は、自治体ごとにある程度決まっています。いつ出しても、料金は規定の範囲内。高額請求を受ける心配はありません。処分費用が一定であることが、大きなメリットですね。知らないうちに料金が改定されても、事前に確認できるので安心です。

ハンガーラックを粗大ごみに出すデメリット①|手続きに手間がかかる

自治体で粗大ごみとしての処分を依頼する場合、即日対応ができない点がデメリットです。ほとんどの場合、回収完了までには約数日〜一週間程度かかります。ハンガーラックを取り急ぎ処分したい人には向かない方法と言えます。

ハンガーラックを粗大ごみに出すデメリット②|持ち去り被害に遭う可能性も

持ち去り被害に遭う可能性も

粗大ごみ収集所で、まだ使えそうな家具や家電製品が、業者以外の人間によって無断で持ち去られることも。警察がパトロールをしていても、このような持ち去り行為は依然として後を絶ちません。

せっかくお金と時間を使って手続きしたものが無駄になる可能性も、残念ながらあるということです。

ハンガーラックの処分方法②|分解して可燃ごみとして処分

全体がプラスチックでできたハンガーラックは、可燃ごみとして処分できます。指定のごみ袋に収まるもの、や分解できるタイプのものが対象です。

自力で分解できず30センチ角を超えてしまう場合は、粗大ごみに分類されるので注意が必要です。

ハンガーラックを可燃ごみで出す流れ

プラスチック製のハンガーラックを可燃ごみとして処分するには、次の手順で行ってください。

ハンガーラックを可燃ごみで出す流れ①|分解・分別する

ハンガーラックを分解し、素材別に分別します。プラスチック製のものであっても、部分的に使用されているスチール(鉄)部分は不燃ごみに。木材や布が使われている場合、自治体の指示に従って、可燃ごみか資源ごみに分別が必要な場合があります。

ハンガーラックを可燃ごみで出す流れ②|指定のごみ袋に納め、集積場所へ

指定のごみ袋に納め、集積場所へ

住まいの自治体で指定されている可燃ごみ用の袋に納めます。一辺が30センチを超えるものは粗大ごみ。ごみ袋に納まりきるサイズに分解できれば可燃ごみとして出せます。準備ができたら、集積場所へ置きに行きましょう。

ハンガーラックを可燃ごみで出す流れ③|可燃ごみの日に回収されれば完了

住まいの自治体で定められている可燃ごみの日に、無事回収されていれば処分完了です。

ハンガーラックを可燃ごみで出す場合の処分費用

ハンガーラックを分解して可燃ごみで出した場合、費用は0円です。ただしごみ袋を購入した場合は、その分の料金が発生します。

ハンガーラックを可燃ごみとして処分するメリット・デメリット

可燃ごみとしてハンガーラックを処分する場合、次のメリット・デメリットが生じます。

ハンガーラックを可燃ごみとして処分するメリット|費用をかけずに処分できる

可燃ごみの対象であり、自力で分解できてごみ袋に納まるという条件を満たしていれば、費用0円で処分を完了させられます。

プラスチック製のハンガーラックは、組み立てや分解が比較的容易。外す時に少し力が必要かもしれませんが、手っ取り早く処分したい人向きです。

ハンガーラックを可燃ごみとして処分するデメリット①|素材が混合していると分別が面倒

素材が混合していると分別が面倒

100%プラスチック製であればそのまま分解・処分できますが、スチールや木材、布など他の素材と混合している場合は分別が必要です。

不燃ごみや資源ごみなど、素材別に分けて処分しなければなりません。そのため、ハンガーラックが一度に片付かない点はデメリットといえるでしょう。

ハンガーラックを可燃ごみとして処分するデメリット②|細かく分解する作業が手間になる

可燃ごみとして出す場合は、指定のごみ袋に納まるよう分解が必要です。少々手間のかかる作業のため、時間のない人や面倒に感じる人には不向きかもしれません。

ハンガーラックの処分方法③|不用品寄付団体へ送る

不用品の寄付を受け付けている団体へ、いらなくなったハンガーラックを寄付するという方法もあります。寄付した不用品は施設や被災地、路上生活者など、必要としている人に送られるシステムです。

ハンガーラックがまだ使える状態で、必要としている人に使って欲しいと思う場合は、寄付が可能。不用品寄付団体を通して、どこかで有効活用させてはいかがでしょうか。

ハンガーラックを団体へ寄付する流れ

ここでは、ハンガーラックを不用品寄付団体へ送る方法を解説します。団体によって方法は異なるので参考程度に読み、依頼する団体のホームページを必ず確認してください。

ハンガーラックを団体へ寄付する流れ①|サイトに問い合わせ、確認する

サイトに問い合わせ、確認する

不用品寄付団体の公式サイトに記載されているメールアドレスや電話で、ハンガーラックの寄付が可能かどうかを確認しましょう。「事前連絡不要」と書かれているかもしれませんが、団体が取り扱っていない物もあります。

ハンガーラックを団体へ寄付する流れ②|軽く解体して箱に詰める

軽く解体できるハンガーラックであれば、コンパクトにして段ボール箱に納めてください。大きくて解体不可な場合は、宅配業者へ相談を。持ち込めば、梱包から郵送までを引き受けてくれるサービスを利用できることもあります。

ハンガーラックを団体へ寄付する流れ③|送り状を記入する

遠方の場合は郵送となるため、送り状を記載しましょう。不用品寄付団体の公式サイトに、送り先が記載されています。品名は運送会社のドライバーさんに分かるよう「ハンガーラック」とハッキリ記入してください。

なお、不用品寄付団体までの住所が近場の場合は、送り状は不要。事務局へ直接持ち込んでもOKです。

ハンガーラックを団体へ寄付する流れ④|集荷依頼が受理されれば完了

最後はハンガーラックの集荷依頼をします。近くのコンビニや郵便局、宅配業者などの窓口へ直接持ち込んで受付をしてください。

持ち込みが難しい場合は、電話やインターネット受付でその旨を伝え、自宅まで回収に来てもらえることもあります(要問い合わせ)。

手続きが済み、無事に引き渡せば完了です。

ハンガーラックを団体に寄付する場合の処分費用

ハンガーラックを団体に寄付する場合の処分費用

不用品寄付団体へ直接持ち込めば0円です。ただし、団体によっては1,000〜3,000円程度の寄付金が発生することも。郵送の場合は着払いにすると受け付けてもらえない事が多いため、配送費用・手数料はこちらが負担します。

費用についてですが、郵便局や宅配会社、また寄付団体によって金額はさまざま。ハンガーラックの重量や海外輸送費の有無によっても変化します。段ボールだと140サイズで約3,000円、160サイズだと約4,000円です。

ハンガーラックを団体へ寄付するメリット・デメリット

不要なハンガーラックを団体へ寄付する場合のメリット、デメリットを紹介します。

ハンガーラックを団体へ寄付するメリット|社会貢献ができる

寄付したハンガーラックは、必要としている人たちのもとへ送られて再び使用されます。行き先は主に、被災地や各施設、発展途上国など。

恵まれない子どもたちや体の不自由な人たちのために有効活用され、社会貢献につながります。ただ処分するだけでなく、必要なところで誰かの役に立てて欲しい人におすすめです。

ハンガーラックを団体へ寄付するデメリット①|使用可能でなければ寄付できない

使用可能でなければ寄付できない

寄付した後は施設や学校などで使用します。そのため、ひどい汚れや破損、すぐに倒れるなどの欠陥があるハンガーラックは寄付できません。

使用可能で、ある程度きれいな状態を保っているものしか対象にならないところはデメリットといえるかもしれません。

ハンガーラックを団体へ寄付するデメリット②|安全な寄付団体だとは限らない

寄付団体が、ハンガーラックをきちんとしかるべきところへ届けてくれるのかどうか?よく調べずに利用した結果、悪徳な詐欺団体だったというトラブルも報告されています。

きちんとした寄付団体かどうかを見極めるためには、必ず公式ホームページを確認しましょう。

団体の事務局がある住所や電話番号、団体概要の代表者の名前が記載してあるかどうかは重要ポイント。加えて、SNSなどで活動報告をこまめに更新している団体であれば安心です。

ハンガーラックの処分方法④|リサイクルショップで売却する

ハンガーラックを捨てるのがもったいないと感じたら、リサイクルショップへ持ち込んで買い取ってもらいましょう。即日で手放せると同時に、処分費用0円でお小遣い程度のお金も入ります。

リサイクルショップでハンガーラックを売却する流れ

リサイクルショップでハンガーラックを売却する流れ

リサイクルショップで、ハンガーラックの買取依頼をする流れを紹介します。

リサイクルショップでハンガーラックを売却する流れ①|売却を依頼するリサイクルショップを探す

まずは、ハンガーラックの買取を依頼するリサイクルショップを探しましょう。店舗によって、査定額に差が出ます。可能であれば複数の店舗をピックアップしましょう。

リサイクルショップでハンガーラックを売却する流れ②|査定を依頼する

リサイクルショップが決まったら、ハンガーラックの査定を依頼しましょう。直接持ち込めない場合、出張査定やLINE査定を依頼できることもあります。

複数のリサイクルショップに査定を依頼すれば、比較しながらだいたいの相場を把握できます。

リサイクルショップでハンガーラックを売却する流れ③|買い取ってもらえれば処分完了

リサイクルショップが提示した査定額に納得すれば、売却は完了です。この時、身分証明書の提示が求められます。運転免許証や保険証、パスポートなどを持参していきましょう。

ハンガーラックをリサイクルショップで売却する場合の処分費用

リサイクルショップで買い取ってもらえれば、処分費用はゼロ。それどころかお金が入る方法です。ただし宅配買取を依頼した場合、送料や出張料金が発生する場合があります。無料で利用できるかどうかを、事前に確認しましょう。

リサイクルショップでハンガーラックを売却するメリット・デメリット

リサイクルショップでハンガーラックを売却するメリット・デメリット

リサイクルショップでハンガーラックの売却を依頼した場合、次のメリット・デメリットが考えられます。

リサイクルショップでハンガーラックを売却するメリット①|お金に替えられる

ハンガーラックをリサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらえれば、処分費用0円。それをお金に替えられます。

ただし、店舗によって買取金額が異なることに注意しましょう。複数の店舗で見積もりを出し、高額買取してもらえるところを選ぶのがおすすめです。

少しでも高く売るには、汚れやほこりを拭き取り、できるだけきれいな状態で査定に出すことです。

リサイクルショップでハンガーラックを売却するメリット②|持ち込めば即日処分ができる

思いついたその日に店舗へ持ち込めば即日処分ができます。身分証明書さえあれば、面倒な手続きや出品、梱包の手間も一切不要。

営業時間内であれば、すぐに査定をしてもらえるところもリサイクルショップの強みです。

リサイクルショップでハンガーラックを売却するデメリット①|金額を自分で決められない

金額を自分で決められない

売却すればお金が入りますが、金額を決定するのは店側です。店舗や店員によっては、極端に安い査定額を提示される場合があります。

「どんなに安くても構わないから、とにかく手放したい」という人に向いた処分方法といえるかもしれません。

リサイクルショップでハンガーラックを売却するデメリット②|忙しい場合はショップに持ち込むことが難しい

リサイクルショップの買取は、営業時間内でのみ可能です。そのため、忙しくてなかなか時間が取れない場合は、ショップへ持ち込むのが難しいことがあります。誰かに依頼したり、他の方法を検討したりした方がよいかもしれません。

ハンガーラックの処分方法⑤|フリマアプリやオークションに出品

まだ使用可能で状態がある程度良ければ、フリマアプリやネットオークションに出品するのも一つの方法。買い手が付けば不要なハンガーラックを手放せて、同時にお金も入ります。家にいながらスマホ1つで登録・出品可能なので、忙しい人にもおすすめです。

ハンガーラックをフリマやネットオークションに出品する流れ

フリマアプリやネットオークションに出品するためには、次の手順を参考にしてください。アプリやサイトによって少々違う点もあるため、利用法は大まかな流れとして見てください。

ハンガーラックをフリマやネットオークションに出品する流れ①|フリマアプリやオークションサイトに登録する

フリマアプリやオークションサイトに登録する

まずはフリマアプリをダウンロード。オークションサイトも、初めての場合は登録が必要です。氏名や電話番号、住所、パスワードなどの必要事項を記入していきましょう。登録が完了すれば、利用可能となります。

ハンガーラックをフリマやネットオークションに出品する流れ②|出品ページを作成する

登録の次は、さっそくハンガーラックを出品しましょう。物の良さがしっかりとユーザーに伝わるよう、写真をきれいに撮ることがポイントです。白い壁などを背景に、明るい場所で撮影すると清潔感のある写真が撮れます。

ただし、取れない汚れや傷はアップで写し「傷。汚れ少々あり」と正直に記載すること。隠したりごまかしたりすると、購入者とのトラブルの原因になります。

ハンガーラックをフリマやネットオークションに出品する流れ③|購入されたら発送する

出品したハンガーラックが購入されたら、ダンボールに入るサイズに解体して梱包し、発送します。大型のものや解体不可なものは、宅配業者にお任せしてもOKです。

業者によっては、梱包から発送まですべてを引き受けてくれることも。ぜひ有効活用しましょう。

ハンガーラックをフリマやネットオークションに出品する流れ④|評価をすれば完了

評価をすれば完了

ハンガーラックが無事に購入者の元へ届き、問題がなければ評価をして売却完了となります。

ハンガーラックをフリマアプリやオークションで売却する場合の処分費用

無料のサイトであれば、費用は発生しません。ただし品物が売れた場合は、売上代金の数%〜10%程度をサイト運営費として差し引かれる場合があります。利用規約をよく読んで確認しましょう。

また、使用したダンボール代や梱包費は自己負担です。ホームセンター等で買えるダンボールは、120〜200円程度。サイズによって価格が上がります。

郵送にかかる費用は、ゆうパックや各種宅配業者によりけり。170センチ以内、25キロ以内であれば、約2,000 円強ほどで送れます。

送料を見越した値段をつけるなど、費用を抑える工夫をするのもおすすめです。

ハンガーラックをフリマアプリやネットオークションに出品する場合のメリット・デメリット

ハンガーラックをフリマアプリやネットオークションで売却する方法では、次のメリット・デメリットが考えられます。

ハンガーラックをフリマアプリやネットオークションに出品する場合のメリット|値段を自分で決められる

大きなメリットは、ハンガーラックに自分で値段をつけられるところです。少しでも早く売るためには「汚れがあるため格安で売ります」などと、お得感を出すことが早く売るコツです。

購入希望者から値下げ交渉があるかもしれませんが、ある程度は柔軟に応じるほうがベター。「ここまでなら値下げできる」と、一定の基準を自分で設定しておきましょう。

ハンガーラックをフリマアプリやネットオークションに出品する場合のデメリット①|すぐに売れるとは限らない

すぐに売れるとは限らない

フリマアプリやネットオークションに出品したからといって、ハンガーラックがすぐに売れるという保証はありません。つまり購入者が現れるまでは、不要なハンガーラックを自宅に置いておくことになります。

引っ越しが決まっていたり、置き場所に困ったりしている場合には不向きです。「◯日までに売れなかったら別の方法で処分する」と、期限を設けておきましょう。

ハンガーラックをフリマアプリやネットオークションに出品する場合のデメリット②|悪質な購入者とトラブルになることも

フリマアプリやネットオークションサイトは、不特定多数のユーザーが見るもの。顔が見えない相手とネット上でのやりとりが必要なため、それなりにリスクはあると考えた方が良いかもしれません。

大幅な値下げ交渉や、購入したあとの理不尽な返金要求といった、トラブルの可能性も。オンラインで物を販売することで発生するデメリットといえるでしょう。

ハンガーラックの処分方法⑥|ハンガーラックが欲しい人に譲渡する

ハンガーラックが欲しい人に譲渡する

知人や同僚、友人などにハンガーラックが欲しいという人が居れば、譲渡して手っ取り早く処分できます。

知人に当てが無ければ、協力してもらうのも一つの手。地元掲示板やTwitterなどで情報を拡散したり、もらってくれそうな人が居ないか聞いてもらったりと、応援をお願いしてみましょう。

ハンガーラックが欲しい人に譲渡する流れ

ハンガーラックを欲しい人に譲渡する方法はさまざまですが、流れは次の通りです。

ハンガーラックが欲しい人に譲渡する流れ①|ハンガーラックをもらってくれそうな人を探す

知人や同僚などに連絡し、不要なハンガーラックをもらってくれそうな人を探しましょう。

相手の人脈にもアクセスすること。「知り合いや家族に、ハンガーラックが欲しいという人がいないか聞いてみて欲しい」とお願いしましょう。

SNSや掲示板で「中古のハンガーラック譲ります」と告知し、たくさんの人に拡散してもらうのもおすすめです。使えるものはすべて使いましょう。

ハンガーラックが欲しい人に譲渡する流れ②|譲渡する相手と引き渡しの詳細を打ち合わせ

譲渡する相手と引き渡しの詳細を打ち合わせ

ハンガーラックを譲渡する相手が見つかったら、引き渡しの詳細を打ち合わせしましょう。電話やLINEなどで、引き渡しの方法(持っていくのか取りに来てもらうのかなど)や日時などを決定します。

できるだけ相手の都合に合わせるとスマートです。

ハンガーラックが欲しい人に譲渡する流れ③|無事に引き渡せば完了

無事にハンガーラックが相手の手に渡れば処分完了です。

ハンガーラックを欲しい人に譲渡する場合の処分費用

相手に譲渡する場合は、処分費用は発生しません。ただし譲渡方法によっては、車などで運ぶ場合のガソリン代や、郵送する場合の手数料などが発生することも。

ハンガーラックを引き取ってもらえることを第一に考えますが、発生した細かい費用をどうするかを相手と話し合っておくとスムーズです。

ハンガーラックを欲しい人に譲渡する場合のメリット・デメリット

ハンガーラックを欲しい人に譲渡する場合、考えられるメリット・デメリットは次の通りです。

ハンガーラックを欲しい人に譲渡する場合のメリット|互いに無料で取引ができる

ハンガーラックを手放したい人も処分費用は0円。受け取る方も無料で手に入ります。双方に料金が発生しないので、互いにとってお金の負担がないことがメリットです。

ハンガーラックを欲しい人に譲渡する場合のデメリット①|欲しい人が現れるとは限らない

ハンガーラックは消耗品とは言い難く、そこまで需要の高い商品ではありません。「誰かにもらって欲しい」と思っているタイミングで「ハンガーラックが丁度欲しかった」と言う人は現れるのは、もしかすると奇跡に近いものなのかもしれませんね。

ハンガーラックを欲しい人に譲渡する場合のデメリット②|運搬や譲渡は比較的大掛かり

運搬や譲渡は比較的大掛かり

重量やサイズ的に、持ち運びが大変なハンガーラックもあります。運搬するには車が無ければ難しいケースも。そのまま引き渡せない場合は解体する必要があります。

運搬や譲渡がやや大掛かりになりがちな点が、ハンガーラックを譲渡する方法のデメリットです。

ハンガーラックの処分方法⑦|不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者に依頼すれば、手間のかかる解体や運搬などはすべてお任せできます。ハンガーラック以外に処分したい物がある場合は、複数の不用品を依頼しても料金が一律の「定額パック」がお得です。

利用する予定の不用品回収業者が定額パックを採用しているかどうか、ぜひチェックしてみてください。

ハンガーラックの処分を不用品回収業者に依頼する流れ

不用品回収業者に依頼して、ハンガーラックを処分する際の流れを紹介します。初めて不用品回収業者を利用する場合はぜひ、参考にしてください。

ハンガーラックの処分を不用品回収業者に依頼する流れ①|不用品回収業者を探す

チラシやインターネットなどで、不用品回収業者を調べましょう。サービス内容や料金は業者ごとに違います。複数の不用品回収会社の情報を比較することが、失敗の防ぐコツです。

ハンガーラックの処分を不用品回収業者に依頼する流れ②|見積もりを事前に取る

見積もりを事前に取る

候補の不用品回収業者がある程度決まったら、問い合わせて見積もりを取りましょう。できれば複数の業者から、それぞれに見積もりを出してもらうこと。

そうすることで金額の比較だけでなく、おおよその相場を把握できます。ただし「とにかく安いから」という理由だけで、不用品回収業者を選ぶのは失敗のもと。

中には悪徳な業者も存在します。安く提示していた価格に上乗せして、後から高額な料金を請求される可能性も。

見積もりの相談時には、サービス内容やオプションについても納得できるまで質問しましょう。

ハンガーラックの処分を不用品回収業者に依頼する流れ③|回収を依頼する

業者が決まれば、希望の作業日時を相談して決定します。回収時に気をつけて欲しいことや要望があれば、併せて伝えましょう。

ハンガーラックの処分を不用品回収業者に依頼する流れ④|当日に無事回収されれば処分完了

当日は、不用品を一箇所にまとめて立ち会うだけ。スタッフにハンガーラックを引き渡せば、処分完了です。

不用品回収業者でハンガーラックを処分する場合の費用

処分費用は業者によって異なるため、必ず見積もりを前もって取っておきましょう。処分費用のほかに、回収費用な基本料金が別途かかる場合があります。

聞いていた費用に加えて上乗せ請求をされないためにも、オプション・追加料金などは必ず確認を。

不用品回収業者でハンガーラックを処分する場合のメリット・デメリット

不用品回収業者でハンガーラックを処分する場合のメリット・デメリット

不用品回収業者にハンガーラックの処分を依頼する場合のメリット・デメリットは次の通りです。

不用品回収業者でハンガーラックを処分する場合のメリット①|幅広い不用品の回収が可能

不用品回収業者では、液体や生ゴミ、食品などを除くほとんどの不用品を回収できます。例えば、ハンガーラックと一緒に他の不用品の回収もお願いしたいといった場合にも、不用品回収業者なら対応可能。

この場合はお得になるプランがあることも!複数の不用品を依頼する場合は、前もって相談しましょう。

不用品回収業者でハンガーラックを処分する場合のメリット②|作業日時をある程度自由に選べる

自治体は指定された日時、リサイクルショップは営業時間内と制限される中、不用品回収業者は作業日時を相談できるところが大きなメリットです。

例えば「昼間は仕事で家を空けるので、夜間にお願いしたい」「朝、出勤前の早い時間に来て欲しい」などの要望にある程度応じ、最適なプランを提案。ライフスタイルに合わせて、無理なく利用できるところも不用品回収業者の強みです。

不用品回収業者でハンガーラックを処分する場合のデメリット|高くつく場合も

不用品回収業者によっては、処分費用のほかに基本料金・回収料金が発生することも。したがって、ハンガーラック1つだけを処分したい場合は、要相談です。不用品回収業者に依頼すると、かえって高くつく場合があります。

ハンガーラックの買い替え時や劣化のサイン

ハンガーラックの買い替え時や劣化のサイン

洋服や洗濯物の重量で負荷がかかっているハンガーラック。「いつが処分時?」と悩んだことがあるかもしれません。使用中のハンガーラックに以下の状態が見られたら、劣化が進んでいる証拠です。

同時に、まだまだ使用可能であっても、新しいハンガーラックを新調した方が良い場合も記載しています。買い替えや回収の依頼を検討するタイミングを見極めるポイントを、今一度確認しましょう。

  1. 支えの脚が湾曲してきた
  2. プラスチック部分にひびや破損が見られる
  3. バー部分が湾曲している
  4. 洋服が増えて使用中のハンガーラックでは不十分になってきた
  5. 洋服の重量がハンガーラックの耐荷重を上回っている
  6. 引っ越しなどで部屋が狭くなり、場所を取るようになってしまった
  7. 洋服を収納すると倒れるようになった

例えば子どもが居る家庭で使用する場合、成長に伴って冬のアウターは重量アップしていきます。ハンガーラックの耐荷重を超えていないか、こまめに気にすることも大切です。

ハンガーラックを長く使い続けるコツとは?

ハンガーラックを長く使い続けるコツとは?

ハンガーラックが劣化・破損する多くの原因が、過剰に負荷をかけていること。規定の重量を守ることはもちろん、上に乗る・ぶら下がるといった間違った使用法を避けることも大切です。

  1. できるだけ安物を買わない
  2. 耐荷重以上の物を収納して負荷をかけない
  3. 本来の用途以外の使用法は避ける
  4. 移動させる時はまわりのものにぶつけないよう注意する

正しい使用法で、こまめなメンテナンスを。

失敗したくない!不用品回収業者選びのコツ|3つのポイント

失敗したくない!不用品回収業者選びのコツ|3つのポイント

インターネットで検索すると、数多くの不用品回収業者があることがわかります。初めて依頼する場合は、何を基準に選べば失敗をしないのか分からない人も多いでしょう。
ここでは、不用品回収業者選びに失敗しないためのポイントを3つ紹介します。

不用品回収業者選びのポイント①|会社情報をHPに記載しているか

まず絶対条件として、ホームページに会社情報を詳しく記載している業者を選ぶことが大切です。本社や他店舗の住所や電話番号、代表者の名前などを確認しましょう。住所が正確であるか、Googleマップなどで位置確認をするとさらに確実です。

ホームページにほとんど情報がない(あるいはデータが古すぎて更新されていない)、電話番号が携帯電話のみといった不用品回収業者は要注意。急に連絡が取れないなどのトラブルが起きる可能性があります。

優良な業者を見極め、会社情報は細かいところまでしっかり確認しましょう。

不用品回収業者選びのポイント②|料金が明確であるか

優良な不用品回収業者は、ホームページに明確な費用をきちんと記載しています。料金についての不明点を問い合わせた際に、こちらの質問にもはっきりと答えてくれるか確かめましょう。

逆に悪徳な業者の場合は、料金を明確にしておらず、記載が曖昧なことも。
質問してもはっきりと答えてくれなかったり、誤魔化そうとしたりといった態度を取られる可能性があります。不用品回収業者とのトラブルは、料金に関連するものが最も多いです。

依頼する際にはサービス内容だけでなく、追加料金やオプションまでを明確にしておきましょう。その上で見積もりを出してもらうことが、トラブルを防ぐコツとも言えます。

不用品回収業者選びのポイント③|実績をホームページで確認

不用品回収業者の口コミや実績も、ホームページ上で必ずチェックしましょう。実際に行われている作業内容を知ることで、依頼した際にどうすればよいかイメージも湧きやすくなります。

「創業して何年も続いている老舗である」「お客様の声を記載されている」など、安心材料は多いほど信頼できます。ホームページ上だけでなく、地域の人から集まった口コミも確認しておきましょう。極端に悪い評判が上がっている業者は、利用しない方が無難です。

手間をかけず手軽に不用品を処分するなら不用品回収業者に相談を

手間をかけず手軽に不用品を処分するなら不用品回収業者に相談を

自分一人では処分の難しいものや自治体で回収されないものでも、不用品回収業者ならほぼ対応可能。液体や生ゴミ以外の幅広い品物が回収可能で、再利用できるものを買い取ってもらえる点がメリットです。

買取サービスを利用すれば、処分にかかる料金を大幅にセーブすることもできます。ここでは不用品回収業者と、その他の業者のサービス内容を比較しています。下記の表を参考にしてください。

不用品回収業者引っ越し業者リサイクルショップ自治体
日時指定
即日対応
スタッフの指定
買取り

例えば引っ越し業者の場合は、基本的に引っ越しと同じ日に回収します。そのため、回収のみの依頼で日時指定が不可。

リサイクルショップだと、持ち込んだその日に即日買取が可能ですが、スタッフの指定はできません。対応や査定額がスタッフによって変わってしまうため、安い値段をつけるスタッフに当たってしまうと損をすることになります。

自治体の場合はこちらの希望で日付指定や即日対応が難しく、平日のみの対応となることも。加えて、自治体では買い取りを行っていません。

これらを踏まえ、不用品回収業者は日時指定や即日対応にも柔軟に応じてもらえるところが大きなメリット。業者によっては女性スタッフの手配など、細やかな配慮をしてもらえます。

依頼者の都合や事情も考慮し、回収時に気をつけて欲しいこともしっかりヒアリング。初めてでも、安心して不用品の回収を依頼できます。

重いものや自力で運び出すことが難しい品物であっても、当日は一箇所にまとめて立ち会うだけでOK。分解から搬出、買い取りによる処分までをすべてスタッフにお任せできます。

疲れている時、体力や力に自信がない人でも、不用品回収業者に依頼すれば手間も無駄な時間もかかりません。

ハンガーラックの処分でよくある質問・3つ

ハンガーラックの処分でよくある質問・3つ

ハンガーラックの処分について、お客様からよく頂く質問をまとめました。疑問点などがあればぜひ、参考にしてください。

ハンガーラックの処分でよくある質問①|ハンガーラックは回収時、どのような状態にしておけばよいでしょうか?

専門家が解決方法をアドバイス

そのままの状態で引き渡せば問題ありません。搬出時に解体が必要な場合はスタッフが行います。

ハンガーラックの処分でよくある質問②|ハンガーラックを回収されないケースはありますか?

専門家が解決方法をアドバイス

汚れや破損があると価格は下がる可能性がありますが、基本的にどのような状態であっても回収可能です。ただ、自治体で処分した方が安く済む場合にはアドバイスさせて頂く場合があります。

ハンガーラックの処分でよくある質問③|ハンガーラックと一緒に衣類も回収できますか?

専門家が解決方法をアドバイス

追加の処分費用をいただくことがありますが、ハンガーラックと一緒に衣類やハンガーなども一式回収することは可能です。他にも処分したいものがあれば、料金が一律になるお得なパックのご利用もおすすめしています。

ハンガーラックの処分なら「ナクスル」へ!安心&リーズナブルにお任せを!

ハンガーラックの処分なら「ナクスル」へ!安心&リーズナブルにお任せを!

ハンガーラックは多種多様な素材があり、解体や分別、搬出が大変になりやすい家具です。自分での処分に限界を感じた時は、ぜひナクスルへご相談ください。
当社ではハンガーラックのような家具はもちろん、家電製品や自転車、バイクまで幅広い品の回収に対応しています。

不用品を回収するだけではなく、お客様のご希望やライフスタイルなどに合わせてベストと思って頂けるプランをご提案。頂いたお声やご要望は社内のスタッフ全員で共有し、さらなるサービス向上のために反映させていただいております。

またナクスルでは、一人暮らしの女性も安心してご利用いただけるよう、女性スタッフも在籍。これもお客様の声をかたちにさせていただいたものであり、今では「男性スタッフばかりでは不安」というお客様からのご依頼も多数承っております。

当社はお客様に寄り添う地域密着型。ご利用いただいた際、気になることがございましたら遠慮なくご相談ください。

トップページはこちら