リビング家具家具
お役立ちコラム
リビング家具家具

プロが徹底解説!テレビ台の処分方法おすすめ7選|無料で片付ける方法も!

プロが徹底解説!テレビ台の処分方法おすすめ7選|無料で片付ける方法も!

テレビ台の処分にはいくつかの方法があり、手間やかかる費用もさまざまです。この記事では、比較的簡単にできるテレビ台の処分方法を解説しています。無料で処分できる方法や、おすすめの不用品回収業者も併せて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

テレビ台の処分方法・7パターンを紹介

ここでは、テレビ台の処分方法を詳しく解説していきます。全備で7パターンあるので、ぜひ自身に合った方法をチョイスしてください。

テレビ台の処分方法①|リサイクルショップへ

比較的きれいな状態を保っているテレビ台は、リサイクルショップへ売ればお得に処分できます。状態によって引き取りが難しい場合でも、他の処分品(洋服や家具など)を併せて査定に出せば引き取ってもらえる可能性があります。

〜テレビ台をリサイクルショップで処分する流れ〜

テレビ台をリサイクルショップで売るという選択をする場合、次の流れで処分します。

手順①|売却したいリサイクルショップを選ぶ

売却したいリサイクルショップを選ぶ

まずは、テレビ台を買い取ってもらいたいリサイクルショップを探しましょう。店舗によって買い取り金額が違うので、可能であれば複数のリサイクルショップを候補にしておくのもおすすめです。

手順②|処分するテレビ台の査定を依頼する

テレビ台をリサイクルショップへ持ち込み、店員に査定してもらいましょう。店舗によっては、LINEを通したオンライン査定や、出張査定(買取)サービスを行っていることもあります。

複数の店舗で見積もりを出せば、だいたいの相場が明らかになるでしょう。

手順③|買取してもらえば処分完了

査定額が納得するものに決まれば、テレビ台はここで売却しましょう。この時に身分証明証の提示を求められるので、運転免許や保険証、パスポートやマイナンバーカードは忘れずに用意しておくこと。

無事にリサイクルショップに買い取ってもらい、お金を受け取ったら処分完了です。

〜リサイクルショップでかかるテレビ台の処分費用〜

リサイクルショップで買い取ってもらえば、テレビ台の処分費用はかかりません。むしろ、お金を受け取れてお得に処分できる方法です。

ただ、リサイクルショップでのテレビ台は安価での買い取りになるケースが多いので、高く売れれば500〜1,000円。多くは0〜100円です。

理由としては、テレビ台はあまり需要がないこと。加えて、もともと安い値段で売られていることが挙げられます。ただし、きれいな状態かつ一流メーカーのものは高く買い取ってもらえる事が多いです。

リサイクルショップでテレビ台を売却処分するメリット・デメリット

リサイクルショップでテレビ台を売却処分するメリット・デメリット

テレビ台の処分で「リサイクルショップでの売却」という手段を選ぶにあたり、生じるメリット・デメリットを説明します。

メリット①|手間が少ない

最も大きなメリットは「営業時間内にリサイクルショップへ持ち込むだけ」という手軽さ。店によっては出張買い取りサービスを利用できるので、フリマアプリやオークションのような手間は不要です。

メリット②|値段がつけばお金になる

メーカーや状態によって価格は変化するものの、査定額分のお金になる点もメリットといえます。買い取り価格はショップによって違うので注意しましょう。少しでも査定額を上げられるよう、汚れや埃などはきれいに拭き取っておくのがおすすめです。

デメリット|買い取ってもらえないことも

あまりにも状態が悪いテレビ台は、リサイクルショップで「買取不可」となってしまう場合があります。そうでなくても、テレビ台は買取価格が安くなりがち。

そのため、買い取られず0円だったとしても、引き取ってもらえればラッキーと考えるほうが良いかも知れません。

テレビ台の処分方法②|粗大ごみとして処分する

不要となったテレビ台は、粗大ごみとして自治体で処分できます(有料)。処分方法およびかかる費用は地域によって違うので、問合せ時に確認しましょう。

〜テレビ台を粗大ごみで処分する流れ〜

粗大ごみで処分する場合の流れ

テレビ台を粗大ごみとして処分したい場合は、自治体の指示に従って以下の手順で行って下さい。

手順①|自治体で処分の手続きを行う

自治体のホームページを確認して、電話などでテレビ台を処分したい旨を伝えます。この時、処分にかかる費用、処分の日時も確認しましょう。

手順②|粗大ごみ処理券を購入する

粗大ごみ処理券を購入します。近くのコンビニや郵便局で、必要枚数分買えば大丈夫です。なお、お釣りは出ないのでぴったりの金額を用意してください。

手順③|シールを貼り、収集場所へ置いたら完了

ごみ処理券に必要事項を記入し、テレビ台に貼り付けて指定の収集場所へ持っていきます。最初からテレビ台にスピーカーがついているものは、そのまま出しても大丈夫な地域が多いです(要確認)。

ただし、購入後にスピーカーを自分で取り付けた場合はきちんと取り外してから処分しましょう。

〜粗大ごみで捨てるテレビ台の処分費用〜

粗大ごみとして捨てるテレビ台の処分費用は、縦・横・高さを合わせた3辺の合計の長さで決まります。地域によって差はありますが、約500〜1,000円が処分費用の相場です。重量やサイズが大きいほど値段は高くなりますが、さほど高額というわけではありません。

テレビ台を粗大ごみとして処分するメリット・デメリット

テレビ台を粗大ごみとして処分するメリット・デメリット

粗大ごみの手続きをしてテレビ台を処分する場合、次のようなメリット・デメリットが考えられます。

メリット①|処分費用が安い

粗大ごみとしてテレビ台を自治体で処分するためにかかる費用は、高くても約1,000円。指定場所まで運べる程度のサイズであれば、費用が安く済むことがメリットです。

メリット②|合法的に処分できる

自治体の指示に従って、正しい方法でテレビ台を処分できます。合法的な手段であるという安心感も、この方法で処分することのメリットと言えるでしょう。

デメリット|即日処分ができない

一番のデメリットは、テレビ台の処分に即日対応できないことです。粗大ごみ処理券も、郵便局の場合は窓口が空いている時間しか買えません。

収集にも数日〜一週間の日数を要するので、当日のうちにテレビ台を処分したい人には向かない方法です。

テレビ台の処分方法③|解体して処分する

例えば「粗大ごみとしての処分費用を節約して、燃える(燃えない)ごみとして出したい」「解体しないと部屋から出せない」。このような理由で、解体して処分するケースもあります。

〜テレビ台の解体処分の流れ〜

テレビ台の解体処分の流れ

テレビ台を解体して処分する場合、以下の流れを参考に行ってください。

手順①|テレビ台の中身・引き出しなどをすべて出す

DVDやリモコン、ゲーム機やケーブルなどを普段からテレビ台の中に入れていませんか?テレビ台を処分する場合は、引き出しなども含めてすべて出します。

手順②|工具を使って解体

外板・中板はネジで止められていたらドライバーで、接着されていたらハンマーなどを使って解体します。要は、ごみとして出せるよう、袋に収まればOKです。幅が大きすぎて自治体指定のゴミ袋に収まらない場合は、のこぎりを使ってカットしましょう。

手順③|分別して指定の日にごみとして出せば完了

テレビ台の素材やガラス戸の有無などに応じて、「燃えるごみ」か「燃えないごみ」か調べて分別。該当の袋に入れて処分します。

分別できたら、指定の日にごみとして出せば完了です。

〜テレビ台の解体にかかる処分費用〜

テレビ台を自力で解体処分する場合、工具を持っていれば費用は0円です。のこぎりやドライバー、ハンマーなどを一から揃えると、2,000〜7,000程度(メーカーなどによってバラつきが大きい)の出費が考えられます。

テレビ台を解体して処分するメリット・デメリット

テレビ台を解体して処分するメリット・デメリット

テレビ台を解体してから処分するという方法を取った場合、次のようなメリット・デメリットが生じます。

メリット|0円で処分できることも

始めから工具が揃っており、自力で解体して燃える(燃えない)ごみとして処分すれば、0円でテレビ台の処分が完了します。

粗大ごみのように、数百円〜千円以上の処分費用が不要な点が、解体処分のメリットです。

デメリット①|素人の作業は危険を伴う

解体や分解などの作業に慣れていない人にとっては、ハンマーやのこぎり、ドライバーなどを使う行為は危険を伴います。

さらに、室内にペットや小さい子どもがいる場合は、怪我や小さい部品(ネジなど)を誤飲する危険性も。

デメリット②|手間と労力が必要

よほど慣れていない限り、テレビ台を解体する作業は手間と労力を要します。そもそも、テレビ台を解体する方法を書いた説明書が無いからです。

場合によっては、途中まで解体できたものの、結局「最後までは解体できなかった」と挫折する可能性もあります。

テレビ台の処分方法④|新品購入時に引取り

新品購入時に引取り

テレビ台を買い替える際、購入する店で古いテレビ台を引き取ってくれる場合があります。各店舗によって引取にかかる費用やサービス内容が違うので、必ず買い替え前には確認してください。

〜新品購入時に古いテレビ台を引き取ってもらう流れ〜

新品のテレビ台を購入する際、古い方を引き取ってもらえる場合は、次の手順で処分します。

手順①|新品のテレビ台を購入する

引取サービスを実施している販売店で、新しいテレビ台を購入します。

手順②|条件を満たしている場合は引き取ってもらえる

条件付きか有料となる場合が多いですが、条件を満たしていれば古いテレビ台を引き取ってもらえます。

新品を購入して一度持ち帰った場合は、後日古いテレビ台を店舗まで持っていくことになるので注意してください。手間をかけたくなければ、新しいテレビ台を購入後の配送時に、古い方を引き渡しましょう。

手順③|無事に引き渡せば完了

有料の場合は、支払いのタイミングも店によりけり。無事に引き渡し、支払いを完了させればテレビ台の処分は完結します。

〜古いテレビ台の引き取り処分費用〜

テレビ台を新品購入と同時に引取サービスできる店舗で処分する場合、処分費用はおよそ3,000〜4,000円です。費用がかかる店と不要の店があるので、必ず新品購入前に確認しましょう。

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

新品を購入する店舗がテレビ台の引取処分に対応している場合に生じる、メリット・デメリット紹介します。

メリット|新品購入と同時に処分が完了する

新品のテレビ台を購入し、いらなくなった方を処分できるので二度手間にならずに済むところがメリットです。

デメリット①|限られた店舗しか引取サービスをしていない

新品購入と引き換えに古いをテレビ台を引取り処分できるお店は、ごく限られた店舗だけ。住まいの地域によっては、近所でそのようなサービスをしている店を探すのは大変かも知れません。

たとえ引取サービスがあっても、テレビ台のタイプや購入商品が指定されることも多いです。

デメリット②|無料引取をしている店は少ない

リサイクル目的などで、テレビ台の無料引取をしてくれる店はほとんどありません。多くの店舗が有料の引取であることがデメリットです。

しかし期間限定で無料引取を実施する場合もあるので、店舗の情報を小まめにチェックしましょう。

テレビ台の処分方法⑤|フリマアプリ・ネットオークションへ

見た目も悪くなくまだ使える状態であれば、フリマアプリやネットオークション上で売却するのもおすすめです。

自宅で出品できる上に、買い手がつけばお金に変えられます。リサイクルショップや販売店へ出向くのが難しいような、忙しい人にもおすすめの処分方法です。

〜テレビ台をフリマアプリ・オークションサイトで処分する流れ〜

テレビ台をフリマアプリ・オークションサイトで処分する流れ

フリマアプリやネットオークションでテレビ台を売りたい場合は、次の流れで手続きをして下さい。

手順①|フリマアプリやオークションサイトに登録する

該当のサイトを使ったことがなければ、アプリのダウンロードや会員登録が必要です。自身の氏名や電話番号、住所などの個人情報を入力するので、大手企業が運営する安全なサイトを選びましょう。

手順②|出品ページの作成

所定のページに、売りたいテレビ台を出品します。掲載写真は綺麗に見えるものを選ぶこと。なるべく背景が明るく光が当たる場所で撮影するのがおすすめです。しかし、傷や汚れがある場合は正直に伝えること(写真にもきちんとアップで写すように)。

マイナスな部分を承知の上で購入してもらう必要があるので、説明文に明記しましょう。ごまかしたり隠したりすることで、購入者と後になってトラブルになってしまうリスクがあるからです。

手順③|購入者されたら配送手続き

出品したテレビ台に購入希望者が現れたら、きちんと梱包して配送手続きをしましょう。壊れないように、梱包用の段ボールや気泡緩衝材が必要です。

ガラス素材の部位があるテレビ台の場合、アプリ特有の発送方法が利用できないことがあるので注意してください。

また、梱包することで重量やサイズが変われば、予定より費用が高くなる場合があります。少しでも手間を省きたい場合は、梱包から配送まで引き受けてくれる宅配業者を選ぶのもおすすめです。

手順④|相手に届けば評価をして完了

テレビ台が無事に相手の元へ届けば、評価をして完了となります。

〜フリマやオークションサイトにかかるテレビ台の処分費用〜

無事に売却できればお金を得られますが、宅配業者を通して発送すると約900〜5,000円の配送費用がかかります(160cm、25kg以内)。

購入者に負担してもらうような値段の付け方もありますが、サイズや状態、使用年数などを総合して判断してください。

この処分方法で行うメリット・デメリット

この処分方法で行うメリット・デメリット

フリマアプリやオークションサイトでテレビ台を売却する場合、生じるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット|価格の決定権が自分にある

粗大ごみとしての処分やリサイクルショップでの買い取りと違う点は、処分したいテレビ台の値段を自分で決められる所です。

少しお得な価格で販売することが、早く売れるコツです。値下げを交渉される場合があるかも知れませんが、ある程度妥協できそうであれば応じて、早々と手放すことも悪くはないでしょう。

デメリット①|すぐに売れるとは限らない

フリマアプリやオークションサイトへ出品したからといって、すぐに買い手がつくという保証はありません。すなわち「今すぐテレビ台を処分したい」という人には向かない方法といえます。

早く売りたい場合はSNSで積極的に発信したり、フォロワーさんたちに協力してもらって拡散するなどの工夫が必要です。

デメリット②|購入者とのやりとりでトラブルのリスクも

フリマアプリやオークションでの購入希望者とやりとりする機能で、過剰な値下げ交渉や面倒な要求をしてくる悪質な相手に当たってしまう可能性もあります。コメントのやりとりや対応が苦手な人にとっては、苦痛に感じるでしょう。

また、購入者から「思っていたものと違う」「壊れていた(配送業者の扱いによるものであっても)」といったクレームなどがくると、トラブルに発展するリスクも否めません。

テレビ台の処分方法⑥|知人などへ譲渡する

知人などへ譲渡する

「ちょうどいいテレビ台を探している」「テレビ台が欲しいけど無料か安価で譲ってもらえないかな」と思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。

もしテレビ台を必要としている知人がタイミング良く現れた場合は、実物や写真を見てもらって納得の上、譲渡する形で手っ取り早く処分できます。奇跡的な偶然が必要ですが、費用も手間もかからず、非常に楽な方法です。

〜処分したいテレビ台を知人に譲渡する流れ〜

不要なテレビ台を譲り渡す相手がいる場合、次の流れを参考にしてください。

手順①|テレビ台を必要としている人を探す

まずは友人、知人を当たって「テレビ台を譲りたい」「不要なテレビ台をもらって欲しい」旨を伝えましょう。

自分の知り合いがダメでも「友だちに聞いてみるね」などと言ってもらえる可能性はあります。顔が広い知人の人脈も、この機にフル活用すると良いでしょう。

手順②|貰い手が見つかったら、譲渡方法を打ち合わせする

「ぜひテレビ台を引き取りたい」と言ってくれる人が現れたら、引き渡しの方法や日時などを打ち合わせしましょう。

「貰って頂く」という気持ちで、できるだけ「こちらから車などでお持ちする」「相手の都合の良い日にできるだけ合わせる」などの配慮をすると印象も良くなります。

手順③|無事に引き渡したら完了

無事に引き渡したら完了

貰い手にテレビ台を確認してもらい、納得の上で引き渡しができれば、処分は無事完了です。

〜知人へ譲渡にかかるテレビ台の処分費用〜

相手に無料で譲り渡すわけなので、両者ともに費用は発生しません。ただ場合によっては、ガソリン代などの交通費がかかる場合があります。

また相手が遠方に居て直接届けることが難しい場合は、配送費用が発生するケースも。配送費用は重量やサイズによって変化しますが、東京都内において、縦・横・高さが160✕200センチの場合は相場が3,000〜7,500円ほどかかります。

知人への譲渡という処分方法のメリット・デメリット

不要なテレビ台を友人や知人などへ譲り渡す場合の、メリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

メリット①|手っ取り早く処分できる

一番のメリットは手っ取り早さです。連絡や交渉などを除けば処分の手続きが不要で、地元で引き取りに来てもらえる又は持っていける距離であれば車などで都合の良い日に引き渡しが可能。

またメルカリやオークションのように、見ず知らずの相手とトラブルになって面倒なことが起きるリスクも低いです。

メリット②|処分費用がかからない

個人同士のやりとりなら、リサイクル費用や処分費用がかかりません。相手が引き取りに来てくれる又は運搬費を負担してくれる場合は、不要なテレビ台を無料で処分できます。

デメリット|引き取り手がすぐ現れるとは限らない

テレビ台はさほど需要が高くないので「欲しい人が居たら譲りたい」と思ったタイミングで引き取り手が見つかるとは限りません。不要なテレビ台をすぐに処分したい人には向かない方法です。

テレビ台の処分方法⑦|不用品回収業者へ依頼する

不用品回収業者へ依頼する

不用品回収業者へ依頼すれば、自宅に居ながらテレビ台の処分をプロに回収してもらえます。大きなサイズのものや複数の不用品を処分したい場合は、一定の料金の「定額パック」などお得なプランがおすすめです。

ある程度のことをお任せでき、テレビ台以外の物の処分を検討している場合は、ぜひ不用品回収業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

〜不用品回収業者への依頼の流れ〜

最後に、不用品回収業者に依頼してテレビ台を処分する方法を紹介します。

手順①|依頼する不用品回収業者を決め、見積もりを取る

インターネットやチラシの広告などを調べていくつかの候補を挙げ、テレビ台の処分を依頼する不用品回収業者を決めます。

業者によってサービス内容や料金が違うので、複数の業者に問合せて見積もりを取りましょう。

手順②|正式に依頼する

業者が決定したら、日時などを相談して決めます。この時、作業当日にお願いしたいことがある場合は伝えておきましょう。

手順③|回収すれば完了

当日、無事に回収して料金を支払えば完了です。

〜不用品回収業者にかかるテレビ台の処分費用〜

不用品回収業者にかかるテレビ台の処分費用

処分費用は業者によって異なりますが、相場は約1,200〜4,000円です。処分費用とは別に、基本料金などが上乗せされることもあるので、見積もりを出す時に実際の料金を明確化しておきましょう。

不用品回収業者を利用するメリット・デメリット

業者に依頼して処分する際のメリット・デメリットを紹介します。

メリット①|作業希望日時への対応が柔軟

自身のライフスタイルに合わせて作業時間を選べるのがメリットです。例えば「仕事が終わるのが遅いので夜に来て欲しい」「土日祝日のいずれかにお願いしたい」など、気軽に相談できます。

メリット②|処分してもらえる品が幅広い

不用品回収業者は、食品や生ゴミ以外のものであれば、ほとんどの不用品の回収に対応してくれます。分別作業も任せられるので、当日は不用品を用意しておくだけでOK。

デメリット|繁忙期には予約が取りづらいことがある

年末大掃除の時期や春の新生活準備時期などの繁忙期は、予約が思うように取れない可能性があります。早めに依頼するか、繁忙期を外すなどの対処が必要です。

テレビ台の処分・買い替え時のサイン

テレビ台の処分・買い替え時のサイン

こちらでは「テレビ台を処分したいけどタイミングが分からない…」といったお悩みを詳しく解説していきます。

壊れた・または劣化した

テレビ台の場所を移動させようとして、誤ってぶつけてしまったり、長年に渡って上に載せていたものの重みに耐えられず、歪みが生じてしまったり…。

さまざまな理由で「壊れた」「劣化が気になる」と感じたタイミングとは、テレビ台の処分をして買い替えたいと思った時です。しかしよほどのことがない限り、テレビ台が壊れることは滅多にありません。使用上の注意に従って、耐荷重以上の物を置かないこと。

そして持ち上げて運ぶ際には、落としたりぶつけたりしないよう、十分に注意する必要があります。

新居の場所を取る

引越し先などで、これまで使っていたテレビ台が大きすぎて、部屋の場所を取ってしまうこともあります。生活の邪魔になったり、部屋が狭くなってストレスを感じたりするのであれば、適したサイズのテレビ台に買い換えた方が良いでしょう。

もしも大きすぎて部屋にも入らない場合は、処分するほかありません。こうならないためには、解体して部屋への出し入れができるよう「組み立て式」のテレビ台を選びましょう。

新しく購入したテレビとのサイズが合わない

新しく購入したテレビが大きく、今のテレビ台に置けなくなったというケースもあります。テレビより小さいテレビ台は、テレビがはみ出して倒れやすくなる上、見た目も美しくありません。

テレビの大きさに合わせて新調しなくてはならないので、古いテレビ台は手放すことになるでしょう。

別のデザインのものが欲しくなった

特に破損や劣化による別のデザインのものが欲しくなることがあります。最も多いのは、部屋の模様替えのタイミング。

他のインテリアとのバランスが悪くなったり、部屋のイメージに対してテレビ台だけが浮いてしまって気になるといった理由などです。

不用品回収業者選びのポイント・3つ

不用品回収業者選びのポイント・3つ

不用品回収業者を初めて利用する場合、どこを選べば良いのか迷いがち。悪質な業者を選んで失敗しないためのポイントを3つ紹介します。

不用品回収を依頼ポイント①|実績を表記してある

公式サイトで実績をしっかり確認できる業者は、良質な業者です。実績を見ればどんな作業に対応しているのかを知ることができ、会社の実態も分かります。同時に、HPの実績欄が定期的に更新されているかどうかもチェックしてください。

不用品回収を依頼ポイント②|クチコミ評価が高い

お客様の声は、業者のリアルな姿を知るための大切な目安です。特に地域の人のコメントを確認し、悪い評価ばかりの業者は利用しないでおきましょう。

不用品回収を依頼ポイント③|料金を明確化している

悪質な業者の場合、料金について質問してもはっきりと答えてくれなかったり、やたらと安さをアピールしてきたりすることがあります。

迂闊に利用すれば、不用品の回収後に高額なリサイクル料金を請求される危険性も。
利用前に必ず見積もりを出し、しっかりと料金は明瞭化させましょう。

手間なく簡単に!サクッと不用品を片付けたいなら不用品回収業者へ

手間なく簡単に!サクッと不用品を片付けたいなら不用品回収業者へ

やはり、最もおすすめの処分方法は、不用品回収業者へ依頼することです。自力で捨てられないものや粗大ごみにできない不用品も、業者ならお任せ可能!料金もうんと抑えられ、手間をかけず処分できます。

不用品回収業者引越し業者リサイクルショップ自治体
日時指定
即日対応
スタッフの指定
買取り

不用品回収業者は日時指定や即日対応ができ、回収時の要望もしっかりとヒアリングしてくれる点もありがたいところですね。

加えて、不用品の搬出・回収・処分までをセットでお任せできるので、利用者は立ち会うだけでかまいません。

テレビ台の処分でよくある質問3つを紹介

テレビ台の処分に関するお客様の質問のうち、よくあるものをまとめました。処分を希望の際にはぜひ、参考にしてください。

テレビ台の処分でよくある質問①|テレビ台と一緒にテレビの回収もお願いできますか?

専門家が解決方法をアドバイス

両方の処分をご希望の場合、テレビ台とは別途でテレビ本体の処分依頼が必要です。業者によりますが、各々に処分費用が発生するので注意してください。オトクな「定額パック」サービスがあれば、ぜひ活用しましょう。

テレビ台の処分でよくある質問②|部屋がごみ屋敷状態ですが回収は可能ですか

専門家が解決方法をアドバイス

問題ございません。お見積りを出させて頂く時にご要望がございましたら、些細なことでもご相談ください。

テレビ台の処分でよくある質問③|現地で見積もりのみをお願いできますか

専門家が解決方法をアドバイス

可能です。お見積りを出させて頂き、お客さまが納得されましたらそのまま回収させていただきます。

テレビ台の処分なら安心してリーズナブルにお任せできるナクスルにお任せを!

テレビ台の処分なら安心してリーズナブルにお任せできるナクスルにお任せを!

テレビ台を処分するためのさまざまな方法を紹介しましたが、何かと面倒なことも多く、後回しにしていませんか?

自分だけで処分するのが難しいと感じた場合は、ぜひナクスルにお任せ下さい。当社は地域密着型の不用品回収業者であり、お客様のご要望に向き合ってベストなプランを提案致します。

おかげさまで口コミでの紹介率95%、そしてお客様満足度94%超え。実績と数字、リアルな口コミが、我々の積み重ねてきた信頼の証です。

不用品回収業のほかにも、遺品整理やゴミ屋敷の片付けにも対応。たくさんのご依頼を戴く中で、お客様からの意見やご要望、気になる点などは積極的に取り入れて改善。サービスの向上へつながるよう、日々努めております。

地域の皆様のおかげで、ここまで成長できたナクスル。お困りごとや相談などがございましたら、ぜひ気軽にお問い合せください。

トップページはこちら